【30代リーダー必見】フライトドクター、映画コード・ブルーで命の危険にさらされた山Pの最後の言葉か!末期がんの花嫁は?学びあり

映画「コード・ブルー」は公開から
凄い勢いで興行収入を伸ばしていますね。
早速、映画館に行きましたので、プチっと
レポートします。

スポンサーリンク


【ネタバレ】泣けるシーン、ベスト3

テレビドラマのファーストシーズンから、
約10年見続けているので、単純にストライク
ゾーンが広くなっているのは否めません。

この映画、随所随所で泣けます。
油断すると、泣きっぱなしかもしれないです。

私が泣けたシーンを3つ紹介します。

まずは第3位ですが、オープニングです。
泣ける度86%。

「出会い」「自立」「継承」と、
これまでのドラマをフラッシュバックします。
ファーストシーズンからのファンとしては、
当時の自分自身の想い出ともフラッシュバック
して、イキナリ涙ものでした。

続いて第2位は、山P演じる藍沢先生が
感電して、意識を失った危険な状態の中、
藤川先生と冴島さんへの結婚お祝いの
ビデオメッセージを快く応じてくれたと
ガッキー演じる白石先生が藤川先生に
伝えたシーンです。
泣ける度94%。

藍沢先生の仲間へのアツい想いに
グッときました。

そして、第1位は、、、、、、
泣ける度120%超。

末期ガンで運ばれた丸刈りの花嫁
富澤未知の夫が、2つの結婚指輪をして
藤川先生と冴島さんの結婚式に
参列したシーンです。

夫を演じる新田真剣佑さんの指が映った
その1カットに涙を堪えることができま
せんでした。

必見です。

スポンサーリンク


“丸刈り”の花嫁・富澤未知は誰?

私の泣ける1番のシーンを飾った末期ガン
で“丸刈り”となった花嫁・富澤未知に
注目が集まっています。

あの鬼気迫る迫真の演技を見せた女優は
一体誰なの?と。

調べてみると、ここにもドラマが
ありましたので紹介させてください。

女優の方は、山谷花純(やまや かすみ)さん。
宮城県仙台市出身の21歳。
その演技力に、思わず号泣している観客は
多数いることでしょう。

山谷さんがブログで「劇場版コード・ブルー」
についてと思いを綴っていました。

「10年前、私がこの仕事を始めた年に
スタートした作品」

「10年という節目や自分の人生を考えて。
このオーディションに落ちたらこの仕事を辞める
と決めて受けた作品と役でした」

映画関係者のコメントを紹介します。

「山谷さんは07年に当時10歳で芸能界入り。地元・宮城県から通って仕事をしていました。最初こそ仕事はありましたが、徐々に低迷。学業より芸能活動を優先していたこともあり、プライベートでも芸能界にも居場所がないと感じていました。そんな矢先に東日本大震災が発生。芸能の仕事が完璧に断たれましたが、そのことによって改めて女優という仕事が好きだと気づいたそうです」

16年10月には、芸能生活9年目にして
初となる主演映画「シンデレラゲーム」が公開。
以降も17年のドラマ「櫻子さんの足下には
死体が埋まっている」や今年1月の
「モブサイコ100」などの話題作に出演。
着実に活躍の幅を広げているように見えますが、
実のところは、自分の芸能活動について
厳しく捉えていたようです。

今回の名演ぶりで、今後注目の女優さんですね。
10月から放送される鈴木保奈美さん主演の
ドラマ「主婦カツ!」(NHK BSプレミアム)や、
来年公開予定の篠原涼子さんと芳根京子さんの
共演映画「今日も嫌がらせ弁当」にも出演する
予定ですので、その演技に期待したいですね。

スポンサーリンク


映画「コード・ブルー」白石恵から学ぶべし!

最後に、私はこの映画には働く30代の方に、
学びがあると思うのでお伝えします。

「惹きつけるリーダー力」

新垣結衣さんが演じる白石先生は、
今やフライトチームのリーダーとして
活躍しています。

フライトドクターフェローの頃は、
失敗も多く、自身のミスもあって、
指導医の腕を奪うという取り返しのつかない
失敗をもしてきました。

白石先生は、それらの失敗に向き合い、
もがき、苦しみ、乗り越え、今があります。

そのすべてを仲間たちは側でずっと見ていて、
そして、彼女の魅力に惹きつけられていきます。

頼れる。とか、
実力がある。とか、
リーダー力がある。とかのわかりやすい形ではなく、
自然と彼女の言葉や行動に引き込まれて、
いつしかこのチームのリーダーと認めていきました。

自分の経験を自分の活動の肥やしにし、
おせっかいと言われようが、仲間に関わり、
自分のことを曝け出す。

穏やかに見える白石先生のリーダーシップは
30代のこれからリーダーを目指すビジネスマンが
学ぶところがあると感じました。
映画の随所に、そう感じられるシーンがあるので、
そういう視点でも楽しんで欲しいですね。

プチセレブに続く道はコチラ

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする