田村泰暢(たむらよしのぶ)、元JTB子会社社員が客から総額24億円騙し取る。顔画像や手口を調査。

一サラリーマンが顧客からお金を騙し取る。
締めて24億円!
信じ難い詐欺事件が起きました。

スポンサーリンク


田村容疑者の犯行手口とは?

詐欺の疑いで栃木県警に逮捕されたのは、
JTB関東の元社員・田村泰暢容疑者(49)。

2016年、顧客の男性にうその話を持ちかけ、
現金1,000万円をだまし取った疑いが
持たれています。

田村容疑者は群馬支店に勤務していて、
2016年3月20日、前橋市内で
会社役員男性(58)に架空の外貨両替サービス
を持ちかけていました。

「ドルを両替することで、銀行から客に4%の手数料が入る。
今回はまとまった額なので、5%にします」

そう言って、10年ごろから、JTBの
職務で知り合った顧客やその知人らに
同様の出資を持ちかけ、約50人から
計約24億円を集めていたとみられています。

スポンサーリンク


田村容疑者に騙し取られた人の声は?

FNNニュースでは、田村容疑者にお金を
騙し取られた被害者にインタビューして
その悲痛の叫びを伝えています。

1,000万円をだまし取られたと話す女性

「老後のためにためておいた、本当に虎の子のお金です。
怒りでいっぱいです」

4,000万円以上をだまし取られたという男性

「彼を信用したのは、JTBの車で来ていたことと、JTBの社員証。
日本一の企業ですから、それで安心して預けました」

被害を訴える男性

「彼は、社内で(営業成績)トップを争っているという言い方をする。
ベンツに乗って俺の家に来た。すごく金持っていると思った」

田村容疑者は所属していたJTBの商品だけでなく、
ブランドまでを悪用し、巨額のお金を集めていたんですね。
ある意味、JTBのブランド力は、強力ですね。

スポンサーリンク


田村容疑者は自ら警察に出頭?

田村容疑者は、出資金の返還を求められる
などして資金繰りに行き詰まったため
16年7月、署に出頭し、県警が任意で
調べていました。

JTB関東は同月、田村容疑者を
懲戒解雇しました。

スポンサーリンク


世間の反応を調査

JTBブランドを悪用したとは言え、
1人で24億円もの大金を集めた田村容疑者ですが、
世間の人はどのように見ているでしょうか。
Yahoo!ニュースのコメントから調査してみます。

騙される方にも問題あるよね。
つまんない事を考えるだけ暇なんだね。

すぐ発覚しそうなのに、なぜこれほど遅れたんだろう?
JTBの社員としての立場を利用したなら、JTBにも責任はあるだろうし。
もっと詳しい記事が欲しい。

このたぐいの記事を見るにつけ
だまされた方もだが、犯人すごい営業力だと思う
ちゃんとした仕事でこの営業力が発揮できればなぁ。

JTBは明らかに、顧客の信用を損ないましたね。
超一流と思われる企業で働く社員ってことだけで
信用してしまう時代は、終わったんです。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする