樋田淳也(ひだ じゅんや)、富田林署に凶悪犯罪で留置中の被告が逃走。顔画像や犯罪歴を調査。

近隣の住民の方は不安でしょう。
警察の失態なのでしょうか。
留置中の30歳の男が逃走し、
警察が行方を追っています。

スポンサーリンク


樋田淳也被告、逃走までの経緯

大阪府警によると、樋田被告は12日
午後7時半ごろから富田林署2階の
面会室で弁護士と接見していました
が、弁護士が退出した後に面会室
から逃走したとみられています。

接見が長いことを不審に思った
警察官が午後9時40分すぎに部屋を
確認したところ、樋田被告がいなく
なっていて、面会室のアクリル板が
10センチほど押し破られていたという。
加重逃走容疑で捜査しています。

スポンサーリンク


樋田被告の犯罪歴が凶悪

逃走している樋田被告は強制性交未遂、
窃盗や強盗致傷の罪で起訴されたほか、
大阪府内のオートロック付きの
マンションで、女性に性的暴行を
加えた疑いなどで逮捕され、
警察が余罪を追及していました。

人を傷つけたりする凶悪犯ですので、
早く確保して欲しいですね。
今は夏休みやお盆で人の移動が
活発なタイミングですので、
被害者を出さないためにも1日も
早い解決を願います。

スポンサーリンク


樋田容疑者の特徴は?

警察が発表している樋田容疑者の特徴
をまとめます。

・身長163センチで中肉中背
・黒い長髪
・左腕に手術痕あり
・左ふくらはぎに動物の入れ墨
・黒色長袖ジャージー姿
・中に黒色長袖シャツ
・灰色のスウェットズボン

スポンサーリンク

2時間で10万円!セレブへの扉



警察署の対応に問題は?

産経新聞によると、富田林署内の
留置場で勾留されていた樋田被告が
脱走した事件で、樋田被告が弁護士と
接見した面会室につながる前室には、
当時署員がだれもいなかったという。

ドラマなどではすぐそばに警察官が
待機しているイメージですが、、、
これってミスじゃないの?と思った
ところ、同署によると、面会室に
つながる前室には午後5時45分まで
署員が常駐しているものの、
同時間帯以降は一般人の接見はなく、
弁護士しか来ないため、署員は前室に
詰めなくていいことになっているという。

今回、弁護士には面会が終われば
知らせてほしいと頼んでいましたが、
そのまま帰ってしまっていたという。

人権保護などあるかもしれませんが、
防犯用のカメラを設置するなどして、
常に監視しなければいけないでしょう。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする