宮崎県職員の成田祐輔、被災地支援先で現金横領し懲戒免職。顔画像やfacebookを調査。

被災地に行く。
その意味がわからないなら、
そんな人を行かせた県の責任も重い。
そう考えないと、納得できない事件です。
被災地での職員の不祥事を調査します。




成田祐輔の横領とは?

宮崎県によると、人事課勤務の成田祐輔主事
(31)は、今年1月、熊本県への被災地支援の際、
宿舎内にあった家電や家具15万円相当
リサイクルショップに売却し、現金を横領
していたという。

宿舎内にある家電を売るって、
非常識にもほどがありますね。
それらは被災地を支援するために
税金で用意されたモノなんですから。




成田祐輔は懲戒解雇処分に

宮崎県は、25日付けで成田祐輔を
懲戒免職処分としました。
熊本地震の被災地支援のため派遣されていた
職員の横領事件に、宮崎県のみならず、
熊本県や被災地からの冷ややかな目が
注がれるでしょうね。

成田祐輔の顔画像やfacebookを調べましたが、
特定には至りませんでした。

成田の横領の動機は今後明らかに
なるでしょうが、被災地に派遣されてまで
横領に及ぶということは、普段の勤務の
中でも横領まがいのことをやっていたかも
しれないと疑われても仕方ないですね。




ネットのコメントを紹介

Yahoo!ニュースのコメントから抜粋します。

たかが知れた金額にしかならないのにな。
きっとギャンブルで借金抱えていたのでしょう。
数万円で公務員の地位を失い、再就職の際
退職理由を聞かれるが真実を隠した所で調査される。
大きい会社は採用時信用調査するからね。

他にも余罪がアルノではないかな?

火事場泥棒を派遣した宮崎県の責任も重い




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする