名古屋のホテルゼロドシー、室内に立てこもった男性が飛び降り。パトカーの上に転落。自殺か?

何に追い込まれていたんでしょうか。
5月26日夜、名古屋市にあるホテルの
6階に閉じこもった男性が、駆け付けた
パトカーの上に転落し、死亡しました。

スポンサーリンク


飛び降りの状況を詳しく調査

6日午後7時25分頃、名古屋市千種区内山のホテルで、
男性が6階客室のバルコニーから転落、まもなく死亡した。
愛知県警千種署の発表によると、男性は30~50歳代。
同日午後7時頃、ホテルから「客が部屋から出てこない」
と110番があり、署員が駆けつけると、男性が家具で
ドアをふさぎ、室内に立てこもっていた。

署員らがバルコニーにいた男性に部屋から出てくるよう
説得したところ、「わかった」と応じるそぶりを見せたが、
直後に飛び降り、駐車中のパトカーの上に落ちたという。
パトカーには誰も乗っていなかった。
現場の状況から、同署は男性が自殺を図ったとみて、
立てこもった理由などを調べている。

#読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/national/20180527-OYT1T50006.html

飛び降り、パトカーの上に落ちた際に
誰も乗っていなかったのは不幸中の幸い
ですね。6階から飛び降りた成人男性は
相当な重さになって人への二次被害も
考えられますものね。

スポンサーリンク


事件が起きたのは、「ホテルゼロドシー」

事件が起きたホテルは、テレビ報道で、
「ホテルゼロドシー」のようですね。
このホテルについて調査しました。

いわゆる、ラブホテルですね。
男性が閉じこもった部屋が6階で、
バルコニーから飛び降りたという報道から、
ホテル公式サイトにあるVIPルームに
男性は閉じこもっていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク


警察の対応に問題はなかったのか?

飛び降りをした男性は、1人でホテルを利用していた
ようで、警察では身元の確認を急いでいます。

現場の状況から、警察では男性が自殺を図ったとみて、
立てこもった理由などを調べています。

千種警察署の小野田副所長はコメントをしています。
「現時点、適正な職務執行であったと考えている。」

男性が、なぜ、このホテルに閉じこもったのか、
そして、なぜ、飛び降りたのか。
男性が1人でラブホテルに入るってことは、
目的がない限りは考えられないので、
そのあたりの足取りがわかると男性の飛び降りの
理由もはっきりとするかもしれませんね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする