大工の小林太陽、知人男性を刺して逮捕。顔画像、facebook、仕事を調査。

計画的な犯行だったのでしょうか。
5月27日、千葉県松戸市で20歳の男性が
腹などを刺され重傷を負った事件で、
知人の21歳の男が逮捕されました。

スポンサーリンク


小林太陽容疑者の詳しい逮捕容疑が明らかに

逮捕されたのは、松戸市の大工・小林太陽容疑者(21)。

犯行の詳しい状況は、26日午前3時半ごろ、
松戸市内の飲食店の駐車場で20歳の
知人男性の腹などを包丁で刺し、殺害しよう
とした疑いがもたれています。

男性は重傷で、小林容疑者は事件からおよそ
2時間半後に警察に出頭していました。

深夜の犯行ですので、酔った勢いで、、、
ということかと思ったら、突発的な犯行ではなく
小林容疑者は包丁を持っていたようです。

スポンサーリンク


2人の間にトラブルがあったのか?

小林容疑者は警察の取り調べで、2人の間には
以前からトラブルがあったということを話し、
「刺すつもりで自宅から包丁を持ってきた」
「自分を怒らせたらどうなるか教えて
やるつもりだった」
と供述して、容疑を認めているようです。

小林容疑者の顔画像は現在は公開されていません。
facebookなども調査していますが、特定には
至っていません。

かっとなって刺してしまったようですが、
そうなることを想定して、自宅から包丁を
持って行ったんだろうとしか思えませんが。

スポンサーリンク


小林容疑者の仕事は【型枠大工】

殺人未遂の疑いで逮捕されている小林容疑者
の仕事は、「型枠大工」と報じられています。

この「型枠大工」が気になり調査してみました。

型枠大工とは名前の通り、大工の一種になります。
この型枠大工というのは、木造に関する大工ではなく、
鉄筋コンクリートなどに関わってくる大工になります。

鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリートを使うこと
になる大規模な建物や構造物を作るときには、
コンクリートを流し込むことになります。

そして、コンクリートというのは、ご存知のとおり
最初は液状なのです。
つまりは、そのコンクリートを扱うためには、
流し込む「型」が必要になります。
そのため、この型を作る人が必要になります。
その専門職が型枠大工、ということになります。
型枠大工は、鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリート
の骨組みを作る大工になります。
引用元:https://mayonez.jp/topic/5711

大工さんにもジャンルがあるんですね。
言われてみれば、納得しましたが、イメージでは
親方の下で、カンナを削る、、、そんなイメージ
が強すぎましたので、少し勉強になりました。

求人情報を調べると、給料は悪くないですね。
日雇いでも、日給2万円超えのところもあり、
月給50万円という求人もありました。

建設業界は、人手が不足しているので、
職業としてはガッツリ稼げる仕事なのかも
しれませんね。この仕事は、ロボットに変える
事ができる仕事とも思えないので、将来性は
悪くないのかもしれませんね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする