佐藤英視(さとうひでし)、神奈川県の中1女子に性的暴行で逮捕。顔画像やFacebook、出会った手口は?

未成年への性的暴行で逮捕、、、
未成年が被害に遭う事件が増えている気がしてなりません。
加害者は40代のいい大人ですから
呆れて言葉もありませんね。
女子中学生のこの先の人生を考えると、
辛い事件です。

スポンサーリンク


佐藤容疑者の逮捕容疑は?

中学1年の女子生徒(12)に乱暴したとして、
神奈川県警緑署に強制性交の容疑で逮捕されたのは、
自称アルバイト、佐藤英視容疑者(45)です。

逮捕容疑は、9月28日午後7時ごろ、横浜市緑区三保町の
自宅で女子生徒=同市神奈川区=に性的暴行を加えたという。

スポンサーリンク


佐藤容疑者と女子中学生の出会いは?

警察によると、佐藤容疑者と女子生徒は
9月初旬にSNSを通じて知り合ったようです。

女子生徒の親が
「娘が夜になっても帰宅しない」
と警察に相談、携帯電話のGPS機能を活用して、
居場所を突き止めたという。

恐らくスマホでツイッターなどSNSをすることで
この女子中学生は佐藤容疑者に出会ったのでしょうが
スマホのGPS機能により発見されたのは皮肉ですね。

スポンサーリンク


佐藤容疑者のプロフィール

●名前/佐藤英視(さとうひでし)
●年齢/45歳
●住所/横浜市緑区三保町
●職業/自称 アルバイト
●容疑/強制性交

未成年への性的暴行なので、罪は重いですね。
佐藤容疑者は、
「間違いありません」
と容疑を認めているようですので、
厳罰を期待します。

佐藤容疑者の顔画像は公開されていません。
また、facebookなども調査していますが、
特定には至っていません。

スポンサーリンク


世間の反応は?

世間の皆さんがこのニュースをどう見ているか、
Yahoo!ニュースのコメントから検証してみます。

このオヤジは罰せられるべき。
ただ、この子供の親の監督責任も、問われるべき。

昔と違い、どんな人間と繋がりが有るかなど、
SNSをコッソリやられていたら分からない。
親は子供の行動をどこまで把握出来るのか。
親がチェックする事を条件に携帯を持たせるしか無いかな。

息子の同級生が小学校6年生の時にSNSで知り合った男と会って
数時間ですが行方がわからなくなったことがありました。
下校時学校の近くに迎えに来てもらい、その状況を見ていた友達に
止められても車に乗ったそうです。
男が悪いのは大前提です、
それはよくわかりますが..女の子も悪いんじゃないのかな?
学校では頻繁に携帯を持つこと(SNSなどについても)について
生徒に話していました。
危険があるかもしれないことはわかっていながら
興味本位というか大丈夫だろうと思って会ったんだと思うけど..
数時間連絡がつかない間、友達はもちろん親も相当心配したはずです。
その子は無事に帰って来ることができたけど、
何があってもおかしくなかったですよね..

圧倒的に悪いのは佐藤容疑者ですが、
被害者となった女子中学生自身も
SNSを通じて自ら佐藤容疑者に近づいて
しまったのは反省がいるでしょうね。
今回は命に関わることはありませんでしたが、
精神的な苦しみは計り知れません。
「自分を守る」という責任を持って
行動してもらいたいですね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする