大本萌景(おおもとほのか)、愛媛県のご当地アイドル「愛の葉Girls(えのはがーる)」メンバーが自殺で所属事務所を提訴。社長の名前やパワハラとは。

アイドルを夢見て活動していたけれど、いつしかその夢が苦しくなり、脱退を決意。
でも、事務所社長による引き留めはキツく悩みに悩んで出してしまった答えが自殺。

愛媛県のご当地アイドルだった16歳の少女が自殺したのは、
事務所のパワハラなどが原因と主張し、遺族がおよそ9200万円の損害賠償を求めて、
12日に提訴します。

スポンサーリンク


大本萌景が自殺を選んだ経緯が判明

愛媛県のご当地アイドル「愛の葉Girls」のメンバーだった大本萌景さん(当時16)は、
2018年3月に自殺しました。

大本さんが、事務所のスタッフにLINEで、学業を理由に休むことや脱退について相談すると、スタッフから
「次また寝ぼけた事言いだしたらマジでブン殴る」、
「お前の感想はいらん」
「世の中ナメるにも程があるぜ」
などと返信されました。

また、過密なスケジュールから脱退を申し出た大本さんに、社長が

「辞めるのであれば1億円支払え」

と発言したという。

大本さんの母親は、

「(自殺の)前日から当日までのことは、社長自身が一番よくわかっていると思う。
それを、『自分たちに全く非がない』は通らないと思う」

と話した。

遺族は、パワハラ行為を受けたなどと主張、社長らに慰謝料など
およそ9200万円を求め、12日に松山地裁に提訴するという。

スポンサーリンク


「hプロジェクト」佐々木貴浩社長が反論

当時大本さんが所属していた事務所hプロジェクト・佐々木貴浩社長は、2018年6月、
「大変反省している。改善しなくてはならない」
と答えていましたが、提訴については取材に応じていませんでしたが、夕方になり
インタビューに答えています。
その中で、佐々木社長は、
「1億円とか、辞めるんだったらお金を払えとか言ったのは想像がつきません。
その点に関しては、萌景ちゃんが言ったとも考えられません。
一部の報道であったように威圧的というか、強い言葉で追い詰められて
亡くなられたんじゃないかとあるが、半年くらい前の…」

「私を含め、弊社のスタッフがパワハラを行ったという事実はなく、
法的な責任があるとは思っておりません」

完全に否定していますね。

スポンサーリンク


過酷な活動実態が判明!

今年3月、16歳という若さで自ら命を絶った大本萌景さん。
愛媛県を拠点とするアイドルグループのリーダー的存在で、
地元の農産物を紹介する「農業アイドル」として精力的に活動していました。

萌景さんは、通信制の高校に通っていましたが、登校日と週末のイベントが
重なることが多く、学校を休みがちになったという。
メールにはこんなやり取りが残されていました。

萌景さん:「お疲れ様です。行きたいのはやまやまなのですが、
前回もイベントで遠足を休んでいるので、学校に行きます。
すみません。
ご理解の方をよろしくお願いいたします」

事務所スタッフ:「お前の感想はいらん。
学校の判断と親御さんの判断の結果をそれぞれ伝えろ。
具体的にな。
単位がどれだけ足りないからもう休めない、とか、
これ以上休むとどうなるかとか、そういう事だ」

イベントでの拘束時間は平均12時間を超えていて、萌景さんの弁護団は
学業との両立を希望していた萌景さんに対し、事務所は芸能活動を優先するよう
圧力を掛けていたと主張。こうしたメールのやり取りに関し、今年5月に
所属事務所は自殺との関係性を否定していました。

スポンサーリンク


萌景さんが亡くなる前日の出来事とは?

もう1つ問題に挙げているのが萌景さんが亡くなる前日の出来事です。
事務所は萌景さんに対し、週末が休みでイベントに参加しやすい全日制の高校に
入り直すことを勧め、費用も事務所が負担することになっていたという。
ところが、萌景さんが亡くなる前日に事務所は
「お金は貸すことができない」
と撤回したという。
大本萌景さんは、命のギリギリのところまでも
「社長に裏切られた。『辞めるなら1億円払え』と言われた」
と話していたという。

芸能界という特別な世界の中で起きたアイドルの自殺は、
ファンならずともショックを受けているでしょう。

辞めようと思っても、事務所が引き留めています。
アイドルとして稼げるようになれるまで、事務所としても
多額の資金流入をしています。

トップアイドルのSMAPですら、分裂したまま、
また5人でユニットを組むことは考えにくい。
誰にも相談できず、この世を去ることになった
大本萌景さんのご冥福を心からお祈りいたします。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする