沢田研二、さいたまスーパーアリーナのコンサートを開演直前に急遽中止に。体調不良?契約上のトラブルが原因?

あのジュリーが70歳なんだーーーとそっちに驚いていましたが、
なんとその70歳を記念した全国ツアーの一環、
10月17日にさいたまスーパーアリーナで予定していたコンサートを
開演直前に急遽中止しました。
中止の理由が、あまりにも不可解なんですが、、、。

スポンサーリンク


沢田研二、70歳記念全国ツアー開催中だが、、、

沢田さんは、7月6日の日本武道館を皮切りに、古希記念の全国ツアー「70YEARS LIVE OLD GUYS ROCK」をスタートしていました。

このツアーは、来年1月21日までの予定で、全国66公演を予定しています。
http://www.co-colo.com/live/2018tour/2018tour.html

ツアーも前半を終え、さいたまスーパーアリーナは中盤の盛り上がりの公演でしたが、突然中止が発表される事態となりました。

スポンサーリンク


さいたまスーパーアリーナ公演中止の経緯

公演当日のこの日、午後3時半に開場し、午後5時から開演の予定で準備は進められているはずでした。

しかし、予定時間になっても開場されず、会場前で係員の
「本日の公演は契約上のトラブルが発生した為、
中止とさせていただきます」

とのアナウンスに続き、入り口に張り紙が掲示されました。

午後5時15分現在、ツイッターやフェイスブックなどに中止の通達は掲載されておらず、入場料の払い戻し方法などは後日発表予定という。

沢田さんは、今なお根強い女性ファンが多いことで知られ、突然の中止を知ったファンからは、「何?」「ホテル代も返してほしい」という不満の声も、、、

今月21日の大阪公演・SAYAKAホール大ホール(大阪狭山市)以降は予定通り行うというからなんとも不可解な中止決定と言わざるを得ないですね。

スポンサーリンク


「契約上のトラブル」を考えると、、、

問い合わせ先になっている主催者のチケットポートは、
「契約上のトラブルで先ほど中止が決まりました」
と発表しています。

所属事務所によると、本人の体調に問題はないというから、コンサートを楽しみにしていたファンの皆さんは、ホッとするやら、残念やら、この気持ちをどこに持っていけばいいの!って感じでしょうね。

今回中止の原因となった「契約上のトラブル」とは一体何が考えられるのでしょうか。

「金銭絡み」
がまずは考えられます。
主催者と沢田さん側の取り分とかが、それです。

さいたまスーパーアリーナは12,000人収容できるので、SOLD OUTしていたとしたら興行収入は、@8,000円×12,000人で、9,600万円ということになります。
この収入を投げ捨ててまで中止にするんだから、相当な問題があったのでしょう。

一方、逆に集客が上手くいかず、スカスカで、
やーめた!
というのも考えられなくもないです。

かつては、スターで大人気だった大御所ですから、スカスカ状態で開催するのは、イメージ的にも落ちぶれているようでダメージが大きいと考え、契約で決めていたのかもしれませんね。これが現実とは言え、ファンが抱く、ジュリー像を壊したくないでしょうから。
今後の発表には注目ですね。

スポンサーリンク


世間の声は?

大御所の突然の公演中止に、世間の皆さんはどうみているのでしょうか。
Yahoo!ニュースのコメントから検証してみましょう。

契約上ではなく、具体的に教えてほしい。

楽しみにしていたファン、遠方や日程調整来た方も多数いたと思います。
それを当日、かつ開演直前に「中止」とする、理由は「契約上の問題」、
「21日からは予定通りやる」ではどうなんだろうと感じます。

来場者の半分は主催者がばら撒いたただ券で入っているのをジュリーは知ってるのかな。
またギタリストと二人だけでやるコンサートには限界があるのでは。
もっと小さい会場でやったほうがいいのよ。

沢田さん 若い頃はカッコよかった。
今は太ってしまって昔の面影がないのが残念。

「さいたまスーパーアリーナ」という大きな会場での公演だったが故に、
結果的に中止とさせてしまったのかもしれませんね。

最近の沢田さんのビジュアルについても多くのコメントが寄せられています。
確かに、、、
「TOKIO」とか、「サムライ」を歌っている頃のジュリーは、
セクシーでカッコ良かったですからね。

スポンサーリンク


【追記(10/19)】ジュリー、ファンに謝罪。ドタキャンの理由を説明

今回のドタキャンについて、沢田研二さんが会見を開き、謝罪と説明を行いました。

歌手の沢田研二(70)が、17日にさいたまスーパーアリーナで公演予定だったコンサートを開演1時間前に急きょ中止にした件で、18日、横浜市内の自宅近くで取材に応じた。

コンサート当日は会場に公演中止を伝える張り紙が掲示された。「本日の公演は契約上の問題が発生したため、中止とさせていただきます」の“契約上の問題”という一文について、沢田は「動員に関する契約上の問題です」と説明。「原因は、僕自身にさいたまスーパーアリーナでライブをやる実力がなかったということが一番だろうと思っています」と話した。

沢田はリハーサル中に、観客が座れないよう客席がつぶされているエリアが多いことに気づいたという。「座席の取り方が、空間が多すぎる。空いているところが多すぎる」と感じた沢田がその後、集客状況を確認したところ、予定よりも少ないことが判明。自身で中止を決断したという。

「僕が聞いているのは9000。(実際に集まったのは)7000」と予定より観客が2000人少なかったことを明かした沢田。「僕にも意地があるからね。だから今回は『僕はできません』と」と中止を決断。「会場に隙間をいっぱい作ってその中でやらせるというのは、それはひどいだろうと。約束を破っておきながら、そういうスカスカの状態でやれというのは、僕には酷だ」と心境を語った。

沢田はファンに向けて「申し訳ございませんでした。甘えさせていただきました。これからその分を取り戻せるように、できるだけのことをしたいと思っております」と公演中止を改めて謝罪。所属事務所は、今回のコンサート中止にあたり、代替公演を行う方向で調整していくという。
(AbemaTV/『AbemaNews』よりheadlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00010011-abema-ent)

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする