調布市アパート火事、手錠でつながれた男女が自力で避難も全身やけどで男性なくなる。

2人に何があったのでしょうか。
10月19日、午後、東京・調布市のアパートで火事があり、男性1人が死亡しました。
2人は手錠でつながっていたという情報もあり、警視庁は出火の原因について調べています。

スポンサーリンク


10月19日、東京・調布市アパート火災

TBS NEWSによると、19日午後6時半過ぎ、東京・調布市国領町のアパートで
「部屋から煙が出ている」
と近くに住む人から119番通報がありました。

東京消防庁のポンプ車など20台が出動し、火はおよそ2時間半後に消し止められましたが、2階建てアパートの1階の部屋あわせておよそ30平方メートルが焼けました。

この火事で、部屋に2人で暮らす30代の男性と20代の女性が自力で避難をしましたが、男性が全身にやけどをするなどして、まもなく死亡、女性も右半身にやけどを負って入院しています。

スポンサーリンク


出火直前に2人が言い争い?

火事に巻き込まれ、男性1人が亡くなるという悲しい事故になりましたが、警視庁などによると、出火直前、男性と女性が言い争っていたとの情報もあるということで、警視庁は身元の確認を急ぐと共に出火の原因を調べています。

身元は明らかになっていませんが、男女が言い争うということは、交際関係のもつれなど何らかのトラブルが発生したのかもしれませんね。

スポンサーリンク


2人は手錠でつながっていた?

火事で避難してきた2人、男性の左手はケガをした同居人の女性の右手と手錠でつながれていて、警視庁は事件や無理心中の可能性があるとみて調べています。

・同居男女
・手錠
・火事

推理でしかありませんが、別れ話など交際のもつれからトラブルとなり、どちらか一方が手錠をかけて無理心中を図ろうとしたんでしょうか。

それとも、そういうアブノーマルな嗜好があったのか、、、

いずれにしても捜査の進展、事故の解明が待たれます。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする