加古川バイパス、玉突き多重事故で軽自動車がトラックに挟まれ大破。衣笠佳奈ら幼児2人を含む3人がなくなる。身元や事故原因は?

悲しい事故のニュースが飛び込んできました。
10月25日午前、兵庫県加古川市で、車4台が絡む事故があり、幼児を含む3人が死亡しました。どういう状況で事故は起きたのでしょうか。

スポンサーリンク


加古川バイパスで起きた玉突き事故とは?

10月25日午前10時半ごろ、兵庫県加古川市平岡町の加古川バイパス上り線で、トラックや軽乗用車など4台が絡む玉突き事故が発生しました。

「車4台が絡む玉突き交通事故です」

先頭のトラックを運転していた男性(47)が通報し、県警や消防が軽乗用車内から女性と子供2人を外に出したが、すでに死亡していたという。

スポンサーリンク


亡くなった3人の身元は?

兵庫県警高速隊によると、先頭と3台目のトラック2台の間に軽乗用車が挟まれて大破し、軽乗用車を運転していた30代女性と同乗の歳の女の子、0歳の男の子の3人が死亡しました。

3台目のトラックの男性運転手(59)と、4台目のトラックの男性運転手(44)は病院に搬送されましたが重軽傷で、命に別状はないそうです。

警察は、亡くなった3人の身元確認を急いでいます。
母親と子どもたちと考えるのが妥当だと思いますが、夫で父親の方の気持ちを思うと、胸が苦しくて仕方がありませんね。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク


現場と事故原因は?

現場は加古川バイパス上りの片側2車線の直線道路で、事故は追い越し車線上で発生しました。

警察では、ドライブレコーダーを確認するなどして、事故当時の状況をくわしく調べていますが、現段階では事故の原因はわかっていません。

先頭のトラックに何故軽自動車は追突したのか、、、
その辺りに事故原因があると思います。

今回、追い越し車線の走行となると、制限速度以上のスピードで走っていた可能性はあります。
加古川バイパスの制限速度を調べてみると、
時速60km

一般的な感覚ですが、自動車専用道路の追い越し車線では、多くの車が80キロオーバーで走行していると思いますので、その速度で追突して、さらにその速度で、なおかつ重量の重いトラックが追突してきたら、軽自動車ではペシャっと大破するのは当然でしょう。
車間距離をとることの重要性を感じますね。

スポンサーリンク


世間の人たちの声は?

幼児が亡くなっていることに衝撃を受けている人も多いと思います。
Yahoo!ニュースのコメントを紹介します。

地元ですが、ここのバイパスのマナーは本当に最低。
車間距離詰めまくり、煽りまくりで通るのが恐ろしい。

赤ちゃん性別が分からないほど酷い状態だなんて、軽乗用車も原型をとどめていないほどの破損具合だし幼い子供達とお母さんがこの様な形で亡くなられるのは大変心が痛みます。
私も2人の幼児を子育てしていますが、こういう事故を目にすると人ごとのように思えません。
まだ免許を取って1年なので十分注意して運転したいと思いました。

加古川バイパスは普段から、時間や場所に関わらず不規則に渋滞するからなあ。いつも通る人は、予め速度や車間に余裕を持たせて対処している。だけどそうでない人は、とっさに対応出来ない事も多い。とても長いスリップ痕や、ガードレールに手向けた花束見ると、他人事でなく気が引き締まる。ともあれ、亡くなった方のご冥福を祈ります。

たら・ればを言い出したらキリが無いが、後続のトラックが車間距離を適正に保ち、前方を含めた周囲をしっかり見ていれば、死亡事故にはならなかった可能性もある。

残された父親を思うと涙が出てくる

遺されたのが父親だったら、、、
そう考えるツラすぎです。

スポンサーリンク


【続報】小橋浩二、キャリアカー運転手など逮捕

亡くなった3人の身元が明らかになりました。
母親と子どもたちでした。。。
そして、追突したトラック運転手が逮捕されています。

兵庫県加古川市のバイパスで、母親と子供2人が死亡した事故で、親子が乗っていた車に追突したとして、すぐ後ろを走っていた   トラックの運転手が逮捕された。

 25日、兵庫県の国道2号線・加古川バイパスで、大型トラックなど4台が絡む玉突き事故では、トラック2台に挟まれた軽自動車に乗っていた姫路市の衣笠佳奈さん(32)と、長女の咲羽ちゃん(2)、長男の蓮士ちゃん(3か月)が死亡した。

 警察は、これまで、最後尾のキャリアカーが停止していたトラックに追突したなどとして、運転手の小橋浩二容疑者(50)を逮捕していたが、新たに3番目のトラックが軽自動車に突っ込み、3人を死亡させたなどの疑いで、トラック運転手で韓国籍の鈴木将公こと金哲寿容疑者(59)を逮捕した。金容疑者は容疑を否認している。

 警察は、運送会社の捜索を行うなどして、どの車が最初に追突したのかなど、事故が起きた経緯を詳しく調べている。

〈引用〉headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-00000073-ytv-l28

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする