岡崎慎司が所属するレスターシティのオーナー、タイ人ヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ氏が所有するヘリコプターがスタジアム駐車場に墜落。現場映像や顔画像は?

衝撃のニュースが映像とともに飛び込んできました。
日本代表の岡崎慎司選手も所属するサッカー・イングランドプレミアリーグのレスターシティのオーナーが所有するヘリコプターが、スタジアムの駐車場に墜落しました。

スポンサーリンク


事故の詳しい情報は?

事故が起きたのはサッカー・イングランドプレミアムリーグのレスターシティの本拠地、イギリス中部・レスターにあるキングパワースタジアムです。

10月27日夜の試合の後、タイ人のオーナー、ヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ氏が所有するヘリコプターがピッチから離陸後、コントロールを失ってスタジアムの駐車場に墜落しました。

死傷者などの情報は明らかになっていませんが、試合終了から1時間以上が経っていたことからサポーターはほとんどいなかったとみられています。

サッカー試合終了後に、ピッチから離陸して、墜落、、、というニュースに、すごく違和感を感じたのですが、ピッチからヘリが離陸するほど緊急事態が発生していたのでしょうか?

スポンサーリンク


ピッチからヘリが飛び立つのは恒例?

日本ではあまり目にすることはありませんが、そこはプレミアムリーグ。
墜落したヘリコプターは、試合後に重要な来賓を乗せてピッチから飛び立つのが恒例になっていたようです。

日本だったら、緊急時のドクターヘリがあるくらいでしょうか。しかし、このニュースが事実ならば、間違いなく重要な来賓がこの墜落したヘリに搭乗していたことになりますが、一体誰だったのでしょう。

イギリスのガーディアン紙では、未確認情報としてオーナーが乗っていた可能性も指摘しています。レスターシティーはホームページで「今後、情報を発表していく」としています。

スポンサーリンク


スリヴァッダナプラバ オーナーのプロフィール

●名前/ヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ
●年齢/61歳
●生まれ/タイ・バンコク
●仕事/キングパワー会長

スリヴァッダナプラバ氏はタイの免税店、キングパワーのオーナーで、2010年にレスター・シティを買収しました。チームは14年にプレミアリーグに昇格、15~16年シーズンには初優勝を果たしました。

優勝した際には、メルセデス・ベンツBクラスの電気自動車、1台あたりの価格は3万2670ポンド(約510万円)、総額で約100万ポンド(約1億6000万円)を選手全員にプレゼントしました。また、選手たちをラスベガス旅行に連れて行くなど、大きな成功を収めたチームに惜しみない労いの姿勢を示すナイスなオーナー。

スタジアムではこの日、レスター・シティとウェスト・ハム・ユナイテッドが対戦し、1対1で引き分けました。事故の知らせを受け、ツイッターにはサッカー・ファンやウェスト・ハムの選手らから書き込みが相次いでいます。

スポンサーリンク


【続報】オーナーや娘など搭乗者全員死亡

悲しいニュースになりました。

岡崎慎司選手が所属するイギリスのプロサッカーチーム、「レスター」のオーナーが搭乗していたヘリが27日に墜落し、オーナーを含む5人が死亡した。

27日夜、「レスター」の地元スタジアム脇の駐車場に、オーナーでタイ人のウィチャイ・シーワタナプラパー氏が乗ったヘリが墜落し、炎上した。

チームや現地メディアによると、ウィチャイ氏は試合観戦後、娘など、ほか4人とともに搭乗し、全員が死亡したということで、現地当局が墜落原因を調べている。

あまりにも突然の悲しい知らせですね。
犠牲となった方々のご冥福をお祈りいたします。

所属している岡崎さんもコメントしていますが、
偉大なるオーナーを失ったチームの悲しみはいかほどか。
ツライ辛いつらい。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする