本間忠相(ほんまただすけ)、牛の生レバーを「あかんやつ」と客に提供し逮捕。顔画像や店名、価格は?

食に関しては消費者側も、割と敏感になってきたと思うんですが、こういう店も多数あるのかもしれませんね。しかし今回、食品衛生法違反で逮捕された焼肉店のオーナーの言い逃れのセンスはなかなかのものですね。

スポンサーリンク


本間容疑者の逮捕容疑は?

食品衛生法で禁止されている牛の生レバーを客に提供したとして、京都市の焼き肉店「ちりとり鍋ごっこや」の経営者・本間忠相容疑者(43)が逮捕されました。

本間容疑者は今年7月、客を装った捜査員に対し、加熱するよう指示しないまま、生のレバーを提供した疑いが持たれています。

スポンサーリンク


メニューには堂々と「あかんやつ」

店のメニューには、「あかんやつ」と書かれて、生レバーが提供されていました。

(客)
生レバー食べられるんや?
ほな、あかんやつ1つ
(店)
はい、あかんやつ1つ!
(客)
やっぱり生レバーは堪らんね
(店)
これは、生で行けるから焼いたらあかんよー(笑)

※空想の世界です

こんなやりとりが日常的に行われていたんでしょうか。
知る人ぞ知る、生レバーが食べられる店として、、、

調べに対し本間容疑者は
「あかんやつとは、焼かなあかんやつのこと」
と容疑を否認しているということです。
なかなかの切り返しですね。

しかし、過去に生で肉を食べて命を落とすといった事故も実際他店で起きているわけですから、提供する側が注意喚起しないといけないことは間違いありませんね。

スポンサーリンク


焼き肉店「ちりとり鍋ごっこや」とは

今回、「あかんやつ」で牛生レバー提供焼肉店として、有名になってしまった京都の焼き肉店「ちりとり鍋ごっこや」とはどういう店なのでしょう。

食べログの評価は★3.1なので、びっくりするほど旨いわけではないのかもしれませんが、そこそこ満足はできる焼肉店なのではないでしょうか。

利用者のコメントにも、肉の鮮度がいいと思わせるようなコメントがありましたから、いい肉を良心的な価格で提供する街の焼き肉屋なんでしょうね。

ちなみに、今回逮捕原因になった「あかんやつ」は売り切れ御免のメニューとして、1,100円で提供されていますね。そして、お店は臨時休業になりましたね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする