山形県遊佐町(ゆざまち)、議会事務局長が女子トイレの盗撮で懲戒免職。名前が特定か?

いやー本当に軽率ですよね。
自分の身内だったら情けなくて、同情の余地なしです。
山形県遊佐町は10月31日、町役場の女子トイレで盗撮をしていたとして、議会事務局長の男性職員(60)を懲戒免職処分としました。

スポンサーリンク


議会事務局長の盗撮手口は?

町によると、役場の2階女子トイレ近くの会議室で10月25日、女子トイレの内部とみられる映像が録画された装置が見つかり、警察に相談したところ、女子トイレから2台のビデオカメラが見つかり、調査していました。

現場の状況から、撮影した映像を無線で会議室の装置に送信し、録画していたとみられています。職場内でここまでするなんて、大胆にもほどがありますね。

スポンサーリンク


事務局長、盗撮を認める

事務局長は8月上旬、別の女子トイレから出てくる姿が目撃されて厳重注意を受けた経緯があったため、本人に問いただしたところ、盗撮を認めたという。

本人の話しでは、10月上旬の閉庁日にカメラを設置したといい、
「9月1日頃、一度カメラを仕掛け、その後撤去したが、10月5日頃、再び設置した。好奇心がわいて盗撮した」
という。

遊佐町は県警酒田署に10月29日付で被害届を提出し、同署は建造物侵入容疑で事務局長を調べています。

スポンサーリンク


事務局長の名前特定か?処分は?

町は29、30日に事務局長の処分を検討する審査会を開き、町の信用を著しく失墜する行為で「懲戒免職」に相当すると判断しました。

まあ、当然ですね。

31日に記者会見した時田博機町長は
「職員や訪れた町民を守れず申し訳ない」
と謝罪し、自身の減給なども検討しているという。

60歳で懲戒免職、、、
事務局長のこれからのことを考えたら、相当に厳しい処分には変わりありませんが、ニュースなどで名前が報じられていないのが解せませんね。

そこで、調査したところ平成29年度の議会事務局の職員情報を入手することができました。そこには事務局長の名前が書かれていましたので、おそらく本人だと思われます。

富樫博樹

年齢から考えても、家族がいて当然です。
町役場で、しかも重職を勤め上げるはずが、懲戒免職なんて家族からしたら、何してくれてるんだ!って怒りしかないでしょうね。

スポンサーリンク


世間の反応は?

職員だけでなく、町民も利用するトイレが現場とあって、
住民からしたら他人事ではありません。
世間の皆さんはどうんな風に感じているのでしょうか。
Yahoo!ニュースのコメントから検証してみましょう。

無線で飛ばす……かなり手慣れた犯行。
定年前での懲戒免職だけど、自業自得です。

準備が周到過ぎて、計画的で悪質過ぎる。
名前、を大々的に発表して、反省させるべき。

還暦にもなってこの好奇心は、今まで町のために頑張ってきてことが全てパーになってしまう。
一度の過ちじゃなさそうですが。
この程度の人を選んだ人も猛省して欲しいです。

いやはや、呆れ果てますね。
トイレってプライバシー全開の人目に晒さない場所です。
そこが知らず知らずのうちに晒されていたというだけで
ホント恐怖でしかありません。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする