神戸ガス管爆発事故、作業員がやけどで重体に。事故の状況や勤務先が判明か。

身近な工事現場で起きた事故に驚きです。
11月5日午前、神戸市中央区のガス管の工事現場で炎があがり作業員の服に燃え移って、男性1人が意識不明の重体になるという事故が起きました。現場は兵庫県庁や県警に近く、会社や住宅が並ぶ地域でした。

スポンサーリンク


ガス管爆発事故の状況

11月5日午前10時ごろ、神戸市中央区下山手通7のガス管工事現場で爆発がありました。
「ボンという音を聞いた。人に火が燃え移っている」
と近くで交通取り締まりをしていた警察官から通報がありました。

警察などによりますと、作業員3人が深さ1.3メートルの穴の中でガス管の取り換え工事を行っていて、爆発音の後、作業員らの服に炎が燃え移ったということです。

近くにいた人のインタビューが紹介されていました。
「炎がばーっとあがって。男の人が出てきて、
火まみれで痛い痛い助けてと言ってた」

スポンサーリンク


作業員3人の容態は

兵庫県警生田署によると、作業員3人がやけどを負い、このうち男性(53)が全身やけどで意識不明の重体となっています。

同署によると、3人は兵庫県西宮市の「五藤建設」に勤務しています。同僚の男性(34)は全身に、別の男性(54)は左脚にそれぞれやけどを負っています。

事故当時は地下に埋まっていたガス管の取り換え工事中で、作業員が電動ノコギリで管を切断中、別の管から漏れ出したガスに引火した可能性があるという。同署は業務上過失致傷の疑いで調べるよう。

スポンサーリンク


作業員の勤務先「五藤建設」とは

●会社名/五藤建設株式会社
●住所/兵庫県西宮市西宮浜4丁目6−53
●業種/設備工事業、住宅設備、建設、建築工事、建設、工事など

事業規模については確認することができませんでしたが、おそらく地域の工事などを請け負う企業だったと想像がつきます。

事故原因はこれから判明するのでしょうが、人的被害が発生しないような安全対策を今後求められるのは必須ですね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする