北村緑、ヴィトンを愛する経理担当が三木市の会社の金を横領し3億円以上を着服か?不倫彼氏との密会場所はミッキーハウス。顔画像やfacebook、被害会社が判明

いやいやこれまた驚きの事件が、「週刊文春 2018年11月15日号」に掲載されていましたよ。会社の経理担当の女性元役員が会社の金約を横領していたのが発覚したという。被害に遭った会社の社長は、被害額は3億円とも、、、そのお金の使い道がホント信じられないんです。

スポンサーリンク


北村被告、ブランド品に2億円?

北村被告が勤めていた会社社長は、被害総額は3億円以上と週刊文春の取材で話していますが、北村被告は一体、何に使っていたんでしょう。

文春デジタルによると、

調査の過程で関係者が目を疑ったのは、北村被告が購入したブランド品の点数と金額だった。2003年頃から計812点、総額は実に2億円以上。
とりわけ北村被告が愛したのはルイ・ヴィトンだった。その購入履歴からは、毎月のようにバッグや時計、服などを数十万円~数百万円単位で買っていたことが読み取れる。
たとえば昨年9月17日にはハンドバッグ「ミラリス」117万円など8点、計176万円分を購入。その6日後にハンドバッグ「カプシーヌ」318万円など12点、計697万円。翌月21日にはダイヤをちりばめた腕時計「タンブール」298万円など14点、計507万円。タンブールは15年11月(249万円)、16年1月(313万円)、同年11月(398万円)などにも購入。中国人富裕層も顔負けの“爆買い”ぶりだ。[引用:週刊文春 2018年11月15日号]

ルイ・ヴィトンだけでも2000万円近く購入している超セレブぶり。どこで買っていたのかはわかりませんが、店舗だとしたら相当な上得意様だったでしょうね。「とくダネ!」では、北村被告がルイ・ヴィトンからショーに招待され、そこでフィギュアスケーターのプルシエンコさんと撮った2ショット写真が紹介されていました。

スポンサーリンク


不倫で一軒家「ミッキーハウス」を購入

ブランド品の買い漁りぶりにも度肝を抜かれますが、56歳の北村被告はなんと15歳も年下の若い男と不倫していたと言うんです。

金に、男に、どんだけ欲張り屋さんやねん!

そして、驚くべきが北村被告は、不倫相手との逢引用に推定3,500万円もする一軒家を購入していたと言うんです。そしてこの家、外壁やエントランスにミッキーマウスがあしらわれている特徴的な家で、「ミッキーハウス」と言われていたと言うから、ディズニーもビックリでしょうね。

おもしろいのが、不倫相手の男性が文春の取材に応えているんですよ。

「最初は2日に一度くらい家で会っていた。室内にヴィトンを約30個積んでいたけど、横領していたとは。」

想像してみてください、この光景。
○EXしようと思って家に行ったら
ヴィトンが30個積み上げられてる、、、
ちょー怖くないですか。。。

スポンサーリンク


北村被告の横領・着服の金額は?

北村被告が勤めていた神和商事の神行武彦社長が横領されたあ金額について詳細に語っていました。

⑴社員互助会費を着服:300万円
⑵社長を務める子会社名義の小切手を換金:2,550万円
⑶その他の余罪:8,000万円〜1億円

まー正直なところ、額はわからないんでしょうね。
恐るべし、横領にオンナですね。

スポンサーリンク


北村被告のプロフィール

●名前/北村緑(事件当時旧姓は栄緑)
●年齢/56歳
●元勤務先/神和商事(兵庫県三木市)
●業務/神和商事の子会社の代表取締役、経理担当
●年商/神和商事グループ全体で20〜25億円
●年収/1,000万円程度(月500万円)
●結婚歴/2018年2月に離婚

北村被告は、1999年に神和商事に入社しています。
30代だった北村被告は、当初、社長の妻が行なっていた経理の補佐役だったようですが、社長の妻が亡くなり、北村被告が金庫番になったことで横領と着服を繰り返すきっかけとなったのかもしれませんね。

新しい社員が、北村被告の不審な処理を指摘すると、パワハラで退職に追いやっていたと言う噂まで飛び出しています。実際、北村被告と上手くやっていた経理担当者は、自らも着服していたことを認め、返金したそうです。

北村被告は、発覚当初には横領したお金は返すと言って一筆書いたようですが、4月にいち早く自己破産を申し立て、約束を反故にしています。

ブランド品やミッキーハウスを売却できたとして、どれくらいの価値となるのでしょうか。
気になるーーーーーーー

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする