谷本泰稔(たにもとやすとし)、外務省職員が覚せい剤所持で現行犯逮捕。顔画像や動機、入手経路は?

こんにちは。
外務省の職員が覚せい剤所持で現行犯逮捕されたというニュースに衝撃が広がっています。外務省の課長補佐の男が東京・新宿、歌舞伎町で覚醒剤を所持していたとして、警視庁に逮捕されました。詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク


谷本泰稔容疑者の逮捕容疑は?

逮捕されたのは外務省の課長補佐でパスポート発給の担当部署に所属する谷本泰稔容疑者(46)です。

逮捕容疑は11月24日午後5時20分ごろ、東京都新宿区歌舞伎町1丁目の路上で、ポリ袋入りの覚せい剤約0.6グラムを所持した疑いがもたれています。

巡回中のパトカーを見て立ち去ろうとした谷本容疑者に警察官が職務質問したところ、財布に入った透明な袋から覚醒剤が見つかったようです。何にもやましいことなくてもパトカー見て妙に挙動不審になることはありますが、まあ逃げたりはしませんから、警察官は敏感に反応したんでしょうね。

スポンサーリンク


動機はストレス?

警察の取り調べに対して、谷本容疑者は容疑を認め、動機を供述しているようです。

「いろいろとストレスがあった。」

生きていればそれなりにストレスはありますが、仕事でもキツイ世代だと思いますのでそのあたりのはけ口が女や酒、博打ではなく、覚せい剤だったということでしょうか。
また、購入した経路についても供述しているようです。

「自分で使うためインターネットで購入し、2週間くらい前に使用した」

インターネットで調べた時点で、もうOUTですよね。
なんでもそうですが、そこには購入させるためのいい情報しか載ってないですから、ほんの小さな出来心でポチッとやっちゃいそうです。気持ちが弱っていたらなおさらですね。

スポンサーリンク


谷本容疑者のプロフィール

●名前/谷本泰稔(たにもとやすとし)
●年齢/46歳
●住所/神奈川県川崎市多摩区
●職業/外務省職員
●所属/領事局旅券課
●役職/課長補佐
●容疑/覚せい剤取締法違反(所持)

谷本容疑者の顔画像はテレビニュースで移送時の映像が流れていますが、ハッキリとは公開されていません。また、facebookなども調べていますが、特定には至っていません。

スポンサーリンク


世間の反応は?

外務省職員の逮捕を受けて世間の皆さんはどのように感じているんでしょうか。Yahoo!ニュースのコメントから検証してみましょう。

まともな人間としての道徳倫理観に欠如が見られる事件です。
今後の省内で執務する者への教育に際して、まずは社会にかかわる一人の人間としての自覚や、まともな道徳倫理観が備わっている必要を、コトある度に重ねて、退官するまで説くべきだと考えます。
道徳倫理観があることは、公私の時間においてマニュアルや法規にないことに対応する大切な資質でもあります。
省自身の評判から、省内で執務するすべての人間への影響・ロスがあり、少なくとも自己統制できる人間であるよう、道徳倫理観を養う教育の施行を期待致します。

人生終わったな。
有罪になるから。
いくら頭が良くても今後弁護士、医師や司法書士、行政書士などの資格職一切取得できないし、国家公務員や地方公務員もできないし、大手企業にも一切就職不可。
海外への渡航もパスポートの取得にも制限かかるし、
アメリカカナダオーストラリアには一生涯入国できない。
それだけ薬物絡みの逮捕有罪は様々な自由が制限される。

あまり表沙汰にならないけど逮捕されて有罪になるって事は、
たとえ刑務を終えたとしても、他の国から入国を拒否されたりとかいろんな制約が一生涯かかってくるからな。

パスポート発給担当と覚せい剤の因果関係・・・
なんか匂うな

インターネットは便利なようで、怖いですね。

今、どういう時期か分かってんの?緊張感があるのは大臣だけか?

46歳課長補佐ってことはノンキャリかあ、公用旅券担当かな?

処理数が多いからストレスマッハだったかな?

公務員、しかも外務省職員による覚せい剤所持というニュースは、やはり衝撃が大きいですね。一方で、インターネットという媒介からも一般人が購入できることが怖かったりしますね。コレって、まるでAmazonやzozoで購入する感覚で、薬物が購入できるってことなのでしょうか。。。怖すぎます。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする