ひょっこりはん、音楽が著作権侵害?MusMus(ムズムズ)管理人が主張!吉本興業やテレビの対応を調査。

子どもたちに人気のピン芸人、ひょっこりはんがピンチに
晒されそうですね。
ネタで使っているBGMがどうやら著作権侵害にあたると
サイト管理人が主張しています。
ひょっこりはんの著作権侵害を調査します。

スポンサーリンク


ひょっこりはん、著作権侵害を主張するのは?

女性自身によると、「音楽素材MusMus」の管理人が
サイトでひょっこりはんがネタのBGMで使っている
楽曲が著作権侵害にあたると主張しているという。

その楽曲とは、「sonorously box」で、音楽に合わせて
『はい、ひょっこりはん』とモノ陰から顔を出すネタの
アレです。

あのBGM=ひょっこりはんって言ってもいいくらいに、
あのネタにはあの楽曲ですね。

スポンサーリンク


MusMus管理人の著作権侵害の主張を調査

「このようなお知らせをしなければいけないのは
本当に残念で悲しいです。」

そんな書き出しから始まるMusMus管理人の主張文。
楽曲違反使用の内容は大きく3点あるようです。

①著作権表記をしていない
②著作権表記をしない場合の利用料を支払っていない
③他の企業などに「フリー音源」として二次配布を行った

音楽素材MusMus管理人の主張(全文)

わかるような、わからないような、、、
どういうことなんでしょう。

まず、このMusMusは、登録が不要で音楽が無料で
ダウンロードでき、あらゆるコンテンツのBGMとして
無料使用することができることを売りにしています。

そうなると、ひょっこりはんの楽曲使用は問題ない!
と言うように思えますが、利用規約を確認してみると、
そこにキッチリ書かれていました。

BGMとして使用する限りは目的も自由だし、編集も
自由にしていいと謳いつつも、「やっちゃだめ!」
と禁止事項についてはっきりと書かれています。

MusMusの楽曲をそのままBGM以外の目的に
使用することはご遠慮ください。
( 楽曲の2次配布など )

さらに、「著作権表示」としてMusMusの楽曲を
使用していることをコンテンツに表示するように
注意されています。そして、「クレジット表記」
せずに使う場合は有償になると書かれています。

MusMus管理人が主張する①②③について、
ひょっこりはんは、完全にOUTですね。

ひょっこりはん、無料なのに著作権侵害?

今回のことはまさに、著作権侵害あるある!、
落とし穴だなあと私は思います。

「無料」と謳っているからと言って、
何をしてもいい!ということではありません。

無料でも、「条件」「ルール」はあります。
多くの場合、利用規約にしっかりと書かれているので、
音楽やイラスト、写真など無料と謳われていても、
条件などを利用規約で確認することをお勧めします。

個人的に楽しんでいるだけであれば、使えなくなる
ようなことになっても、さほど影響はありませんが、
今回のひょっこりはんのように自分を象徴するような
ものの使用が今後制限されることになれば、その被害は
計り知れません。

スポンサーリンク


サイト管理人の行動は見せしめか?売名か?

サイト管理人の主張を注意深く読むと、この日に突然、
鬼の首を取ったように主張したのではなく、今年4月に
ひょっこりはん側へのコンタクトを試みるなど、
以下のようなきちっとした対応をされています。

2017年以前 当サイトの楽曲の使用が始まる
2018年4月初旬 規約違反動画について日清食品に確認、2次配布されていることが判明
2018年4月初旬 芸人側とコンタクト、後追いで規約に準じていただければ良い旨伝える
2018年5月末 楽曲が改変されて販売されていることに気づく
2018年5月末 上記抗議と販売停止を依頼
2018年5月31日本日 抗議から1週間何も進展なし

サイト運営者側からすれば、当然の主張で、
見せしめでも、売名でもないでしょう。
ユーザーにストレスなくサイトを利用していただく
ための主張に他なりません。

ひょっこりはん側が、無視したと取られても仕方がない。
そして今回の無視は、MusMusのビジネスを侮辱している
といっても言い過ぎではないと思います。
ルールを無視した楽曲使用で、自分たちは稼ぎ続けている
という暴挙にも見えます。

今後、楽曲を使い続けることができるかどうかは、
ひょっこりはん側の対応次第だと思われますが、
MusMusサイトを使っている以上は、そのサイト運営側の
ルールに則って使用するのは当然のことだと思います。
隠れて、とぼけた顔して、登場、、、ネタのように
シュールな笑いを追っている場合ではないでしょう。
素早い対応で、お茶の間から消えることには
ならないでほしいですね。

一方で、テレビ局などの責任も問われかねません。
放送する前に、著作権については厳しいチェックを
行っているはずです。それが漏れていたとしたら、
テレビ局側にも損害賠償の矛先が向けられても
仕方がないかも。そんな大人の事情もあって、
この件はしばらくは取り上げられないかも知れません。
音を使わない文春や、新潮など週刊誌が、
活字で取り上げるかもしれませんね。
今後のマスコミの対応にも注目です。

スポンサーリンク


★追記 6月3日 13:00

ひょっこりはんの音楽の二次配布については、
解決の方向に進んでいるようですね。

ブレーク中のお笑い芸人ひょっこりはん(31)がネタのBGMとして使用している楽曲について「著作権侵害」だと抗議しているフリー音楽素材配信サイト「MusMus」の管理人が、音楽配信サイトなどで「二次配布」されていた同楽曲について「販売は全て停止していただけることとなりました」と報告した。

同管理人は5月31日に更新したブログで、同サイトの楽曲「sonorously box」を使用しているひょっこりはんが「著作権表記をしていない」「著作権表記をしない場合の利用料を支払っていない」「他の企業などに『フリー音源』として二次配布を行った」といった違反をしていると指摘。「また、mora、レコチョクなどで配信されている当サイトの楽曲を少し改変しただけのそっくりな曲は、当方が許可したものではありませんし、連絡もいただいていません。もちろん何ら報酬も受け取っていません」としていた。

管理人はひょっこりはん側に抗議をし、二次配布の停止などを求めたが、一週間が経過しても進展がないことから情報公開に踏み切ったが、その後、2日までにブログに追記し、「販売は全て停止していただけることとなりました」と報告。また、「本件で当方は一切の金銭を受け取りません(当方からの申し出であり合意の上です)」と説明するとともに、「2次配布にて音源を受け取られた方や企業様においては、音源は使用せず、また当方への利用料のお支払いもしないようお願いします」と呼びかけた。

@Niftyニュース/日刊スポーツから引用 https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12168-06027278/

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする