市原中央高校副校長、京都の修学旅行引率で泥酔、女湯で放尿し辞表提出。名前や顔画像は?

酒は飲んでも飲まれるな。
こういう事件が起こるたびに頭をよぎります。
修学旅行ですから楽しくて、多少羽目をはずすこともあるでしょうが、それが引率の先生、しかも責任者となると笑っては許せませんね。

千葉県市原市の私立高校の男性副校長が、修学旅行の宿泊先に旅館で泥酔して女湯に侵入、放尿していたことが明らかになりました。

スポンサーリンク


市原中央高校副校長が辞表提出

千葉県市原市の私立市原中央高校の男性副校長(61)が、修学旅行の引率で訪れた京都市の旅館で泥酔して女湯に侵入し、放尿していたことが同校への取材で分かりました。

同校の説明では、副校長は11月23日午後6時ごろ、旅館で同僚の教員ら約10人と食事中にビールで乾杯し、自ら注文したハーフボトルのワイン2本日本酒の4合びん1本の大半を飲み、自室で仮眠後の午後9時45分ごろ、泥酔した状態で隣の女湯に侵入し、洗い場で放尿したという。

生徒の入浴時間は9時半に終わっていましたが、脱衣所では部屋着姿の女子3人が片付けをしていたというのだから、泥酔していたとはいえ不法侵入だし、完全に変態行為ですよ。女子生徒も気の毒ですね。

副校長は辞表を提出したようですが、経営する学校法人は処分を検討しているという。

スポンサーリンク


副校長はお酒好き?

今回の修学旅行には3泊4日の旅程で2年生約250人が参加し、副校長が引率の責任者だったよいです。

この日が最後の夜で、同僚の労をねぎらおうと、副校長が自ら酒を注文したという。生徒が寝静まった後に、先生たちが酒盛りをしているのを見たことがありましたが、早い時間からビールに、日本酒に、ワイン、、、完全に飲み会状態ですね。この時点で、高校生を引率している先生の行動としては不適切としかいえませんね。

副校長は学校の調査に
「泥酔していたため記憶が全くなく、のぞくつもりは一切なかった」
と話しているようですが、またまたーーーーー

酔って理性が解かれてしまい、欲望のままに女風呂に突入したのかもしれません。「つもり」はなくても、のぞく行動をしているのは事実です。

スポンサーリンク


副校長の名前や顔画像は?

今回事件を起こしている副校長ですが、名前は明らかにされていません。また、顔画像も公開されていないのが実情です。

では、問題を起こす副校長がいる「私立市原中央高校」とはどんな学校なんでしょうか。
調べてみると偏差値は高めの学校のようです。卒業生の声を拾ってみると、校則が厳しく、生徒の身だしなみの管理も徹底しているようです。

生徒たちに厳しい指導をする先生の中に、修学旅行の旅先で泥酔する先生がいると思うと学校のレベルを疑いたくなります。教師が学校の評判をおとしめるなんて最悪ですね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする