久井仁貴(ひさいまさたか)、鹿児島県志布志市市議が時速169キロで運転、在宅起訴。顔画像や現場、言い訳はトイレ。

体の不調が理由だったとしても交通ルール違反をすれば、罰を科されます。
鹿児島県志布志市の市議会議員がスピード違反で在宅起訴されていたことがわかりました。

スポンサーリンク


久井市議、スピード違反で起訴

鹿児島県志布志市の久井仁貴市議(28)は、高速道路で乗用車を時速169キロで運転したとして、道交法違反で鹿児島地裁鹿屋支部に在宅起訴されていました。

10月29日付の起訴状によると、久井市議は今年4月9日、大分市の東九州自動車道で、制限速度80キロのところを89キロ超過の169キロの速度で走行したとされています。

高速道路とは言え、89キロオーバーで走行とは、、、事故が起きなくて良かったですが。

スポンサーリンク


久井市議、速度違反の言い訳は?

久井市議が12月5日に読売新聞の取材に応じて、今回の起訴について説明をしています。

今回、速度違反が発覚したのは速度違反自動監視装置(オービス)で検知されたことによるものだと明かし、スピードを出してしまった理由を話しています。

「大分に向かう途中でおなかが痛くなり、トイレに行きたくて急いだ。
今後は交通ルールを守りたい」

子どもが遅刻した理由を先生に言っているようにも思える。
実際そうだったとしても、通用するはずもなく、むしろそんな言い訳じみた説明をすることで、議員の資質を疑う人もいるんじゃないでしょうかね。

スポンサーリンク


久井市議のプロフィール

●名前/久井仁貴(ひさいまさたか)
●年齢/28歳
●職業/鹿児島県志布志市市議会議員
●出身高校/志布志高校
●出身大学/鹿児島国際大学

久井市議は今年1月の市議選に無所属で立候補し、初当選した1年生議員です。
facebookを見てみるとグランドゴルフや運動会、敬老会など地元の皆さんとの交流など精力的な活動をしていることがよくわかります。

若さを武器に地域の暮らしを良くしようと取り組んでいるんでしょうけれど、こういうニュースが今後の活動に与える影響は大きいでしょうね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする