川淵譲(かわぶちゆずる)、JR金沢駅駅員が表慎太朗(おもてしんたろう)と駅保管の現金500万円を盗み逮捕。顔画像や呆れた動機。

JR社員が駅員が駅の現金を盗んで逮捕されるなんてビックリです。
金沢駅で勤務するJR西日本の社員の男2人が、駅の事務室に保管してあった現金500万円を盗むなどして逮捕されました。

スポンサーリンク


川淵譲容疑者らの逮捕容疑は?

逮捕されたのはいずれもJR西日本金沢支社の社員で、金沢駅で改札を担当していた川淵譲容疑者(35)と表慎太朗容疑者(33)です。

警察によると、川淵容疑者はことし9月1日の早朝、金沢駅の事務所にあった現金500万円を盗んだとして窃盗の疑いが持たれているほか、表容疑者は手助けしたとして窃盗ほう助の疑いが持たれています。

当時、現金がなくなっていることに別の社員が気づき、探したところおよそ3時間半後に事務所の別の場所で見つかったという。

JR西日本金沢支社は
「このたび社員が逮捕されたということで誠に遺憾です。
今後詳しい状況を確認のうえ、厳正に対処するとともに再発防止に努めたい」
とコメントしています。

スポンサーリンク


勤務中に犯行、防犯カメラで発覚か

2人は犯行当時、勤務時間だったという。
つまり仕事中に会社の現金500万円を盗もうとしたってこと?
事務所の別の場所に置いてあったということは、勤務終了後に何らかの方法で持ち出そうとしていたのでしょうか?

結局は現金は見つかり、防犯カメラの映像などから犯行を特定されたんですから、呆れるとしか言いようがありません。

2人は改札やみどりの窓口などを担当していたようですので、現金の保管場所や持ち出す方法を知っていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク


川淵容疑者らは容疑を否認か?

警察の発表では、川淵容疑者と表容疑者の認否について明らかにされていません。
盗もうとした意思があったかどうかなど窃盗罪を構成する要件があるかどうか、、、川淵容疑者からその辺が明らかになっていないのかもしれませんね。

窃盗罪となれば、刑法上は10年以下の懲役または50万円以下の罰金が科されます。実際の量刑は事件の内容によって大きく変わりますが、傾向としては3年以下の懲役刑が科される割合が高く、罰金刑の場合でも20万円~30万円程度の覚悟が必要とされています。
https://keiji-pro.com/columns/75/

今回の場合は、刑罰以上にJR西日本社員を懲戒解雇となる可能性が高いので、30代の現役社員にとっては大きな処罰となりますね。

さらに、顔画像は公開されていませんが、今後名前といっしょに顔画像が公開されることになれば、社会的な信用も失いかねません。本当にたいへんなことをしてしまいましたね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする