家田慎也、JR駅構内の鉄塔に居座り現行犯逮捕。顔画像とfacebook 、前科を調査。

千葉市のJR幕張本郷駅で2日夜、男が
駅構内の鉄塔によじ登り、2時間に
わたって居座り、現行犯逮捕されました。

スポンサーリンク


家田慎也容疑者の詳しい逮捕容疑を調査

現行犯逮捕されたのは、家田慎也容疑者(51)。
逮捕容疑は、2日午後9時50分ごろ、
JR幕張本郷駅構内の送電線近くの鉄塔に
よじ登り、2時間にわたって居座った疑いです。
この影響で、送電を止めたため、JR総武線
快速と各駅停車が東京~千葉駅間などで
3時間ちかく運転を見合わせ、約3万人に
影響が出る事態になりました。

家田容疑者の顔が、FNNニュースで
公開されました。
facebookなどSNSを調べていますが、
アカウントの特定には至っていません。

スポンサーリンク


家田容疑者は直前に痴漢トラブルか?

警察とJRによると、家田容疑者は
JR幕張本郷駅の事務室で痴漢をした
疑いで事情を聞かれていたところ、
突然、逃げ出し、駅舎の下にある
架線を固定する鉄柱をつたって線路に
おりようとして途中で動けなくなった
という。

駆けつけた警察官などがおりるよう説得
を続け、午後11時45分ごろ男は鉄柱
からおろされ、建造物侵入の疑いで
現行犯逮捕されました。
家田容疑者は、容疑を一部否認しています。

スポンサーリンク


家田容疑者、2年前の前科を調査

今回、現造物侵入で現行犯逮捕された
家田容疑者は、直前に痴漢を疑われていました。
この家田容疑者は、2年前に前科がありました。

準強制わいせつの疑い
読売新聞地域面(千葉) 2016年10月17日

成田署は16日、市川市南八幡、会社員
家田慎也容疑者(49)を準強制わいせつ容疑
で逮捕した。
発表によると、家田容疑者は同日午後1時5分頃、
JR成田空港 – 成田駅間の快速電車内で、
寝ていた県内のアルバイト女性(22)の体を
触った疑い。
女性に気づかれ、成田駅に到着後、
逃げようとして線路に下りたが、駅員に
取り押さえられた。
この影響で、成田線が最大19分遅れたという。

かなり今回と類似していますね。
2回に渡る痴漢、電車遅らせという迷惑行為に
呆れると同時に、損害賠償はどれくらいかかるの
だろうかと、そちらへの興味も沸きます。

スポンサーリンク


ネットの声を紹介します

スポンサーリンク


★追記 6月3日 22:00

今回の電車止めの賠償について、FNNニュースが
報じていましたので、紹介します。

フジテレビ・平松デスクは、「ケース・バイ・ケースだが、JR東日本では遅延の責任があれば、原則賠償を求めることを検討。請求額は明らかになっていないが、振り替え輸送などを考えると、かなりの額にのぼるとみられる。別の鉄道会社のケースでは、認知症の人の事故で、700万円以上請求されたこともあった。民事でも責任を追及されることになれば、かなり重い代償を支払わせることになる」と話した。

いずれにしても多額の賠償が請求される可能性が
高そうですね。

スポンサーリンク


★★追記 6月4日 12:00

JR東日本は損害賠償請求を検討しているようです。
TBSニュースによると、

送電を一時中断したため、総武線は3時間近く運転を見合わせ、
およそ3万人に影響が出たことから、JR東日本は、
家田容疑者に損害賠償の請求を検討しているということです。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする