菊池徹(きくちとおる)、東京・世田谷区で運転する路線バスで小学1年生の森田理人に接触し命を奪う。顔画像や事故現場や会社名は?

クリスマスや冬休みも目前というこの時期に悲しい事故にニュースです。
東京・世田谷区の路上で17日午後、小学校低学年の男の子が路線バスに接触し、死亡する事故がありました。家族のことを思うと胸が締め付けられます。

スポンサーリンク


菊池容疑者の逮捕容疑は?

男子小学生をはねたとして現行犯逮捕されたのは、東急バスの運転手、菊池徹容疑者(47)です。逮捕容疑は、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)ですが、男の子が亡くなったということで、致死容疑に切り替えて取り調べが行われているようです。

菊池容疑者は、容疑を認めたうえで
「男の子が左から飛び出してきた」
と供述していて、警視庁が詳しい事故原因を調べています。

この辺りの実証は、乗客の証言やカメラなどでハッキリと裏づけができそうですね。
菊池容疑者の顔画像はニュースでも公開されていません。

スポンサーリンク


事故が発生した現場は?

事故は12月17日午後2時50分ごろ、世田谷区深沢7丁目の路上で起きました。
まさに犠牲となった男の子は下校時間ですね。
現場は信号や横断歩道のない一方通行の直線道路で、深沢高校バス停近くの信号機のない丁字路で、直進してきたバスと男の子は接触したようです。ここは、東急田園都市線・桜新町駅から南に1キロほどの住宅街です。

現場を映すニュース映像などから判断すると、一方通行とはいえ、道幅は狭く、ガードレールもないので、大きなバスが通る際は相当危険なんじゃないかと感じます。
普段から横断歩道のないこんな危険なところを男の子は渡っていたんでしょうか。

スポンサーリンク


世間の反応は?

「“ドーン”というような、物にぶつかったような音でした」

事故を目撃した人がインタビューに答えていました。
小学1年生の小さな子どもとはいえ、その衝撃は大きいんです。目撃した人はもちろん、近所に住む方も驚かれたと思います。そこで、小学生が犠牲になっているなんて、、、

どうしてもこういうニュースは胸が苦しくなりますが、世間の皆さんはどうでしょうか。Yahoo!ニュースのコメントを見てみましょう。

今回のがそれに該当するかは不明だが、飛び出してきたのを轢いたからって犯罪者扱いで名前まで出すのはおかしすぎる。
ドラレコで状況を精査すべきで、かつ危険な飛び出しに関しては被害者の責があって然るべき。

亡くなった小学生は勿論お気の毒だが、加害者となった運転手もかわいそうな気がする。

状況はよくわからないが、バスの運転手は慎重にあまりスピードを出さないと思う。なくなった小学生はかわいそうだが結構無茶をしたのかなとも思う。今日もバスを乗ってたら対向車線の後ろから急に自転車の女子高生が信号無視で目の前を通り過ぎた。バスだから良かったけど自分が運転してたらと思ったら怖かった。

現役のバス乗務員です。

昨日も今日も小学生がバスにはねられて亡くなられるなんて…
こういうニュースを目にするとバスを降りようかと本気で考えます。人手不足の世界ですが、リスクがありすぎます。
あなたの近所のバスが無くなるのも時間の問題でしょう。

自分が乗務してる時も、何度も子供や自転車の飛び出しに急ブレーキ構えそうになったことあるけど、その度に本当、寿命縮みます。
どんなに気をつけていても飛び出しには対応できません。飛び出しに備えて遅く走ればダイヤに間に合わず客からヤジが来ますし、仮に飛び出しに急ブレーキを踏んで車内客が怪我すれば事故として最悪逮捕です。

どんな事情があったにせよ、子供を轢いてしまったら
加害者側が100%悪いことになってしまうからな…。
バスの運転手にとっては一気に地獄に落ちた感じだろうか。
亡くなった子のご家族もやりきれないだろうし、加害者側にも同情してしまう部分がある。
嫌な気持ちになる事故だよね。

事故の衝撃に加え、バス運転手の事情など続くバスの事故に自分のことのように苦悩している人がいることがわかります。悲しい事故のない世の中になるといいですね。

スポンサーリンク


【続報】被害小学生は森田理人

被害に遭った男子小学生の名前と学校名が公開されました。

17日午後2時50分ごろ、東京都世田谷区深沢7の区道で、近くの区立桜町小1年、森田理人(りひと)さん(7)が東急バスが運行する路線バスにはねられ、搬送先の病院で死亡が確認された。警視庁玉川署はバスの運転手、菊池徹容疑者(47)=大田区下丸子1=を自動車運転処罰法違反(過失致傷)容疑で現行犯逮捕した。同致死容疑に切り替えて事故原因を調べる。引用 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20181217/k00/00m/040/175000c

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする