秋本純男、宮崎工業高校陸上部の男性顧問が女子部員にセクハラで謹慎。顔画像や経歴についての情報

学校の部活動でのパワハラやセクハラのニュースが今年は本当に多いですね。
今度は宮崎県の県立高校陸上部の顧問によるセクハラが発覚しました。
宮崎工業高校高校陸上部は高校総体でも好成績をおさめる強豪校です。そして、今回セクハラを疑われている顧問は、投てきの指導者としてオリンピック選手のコーチをするほどの有力者です。宮崎工業高陸上部で、一体何が起こったのでしょうか。

スポンサーリンク


陸上部顧問のセクハラ行為とは?

「陸上部の男性顧問に繰り返しセクハラを受けた」

宮崎県の県立宮崎工業高校の陸上部の女子部員の1人から学校に相談があったのが今年の9月。その後、女子生徒の被害について調査して、その内容を県教育委員会に報告しているという。

そして、男性顧問が女子部員にセクハラを繰り返していた疑いがあることがわかり、学校では12月26日夜に緊急の保護者会が開かれました。緊急の保護者会では、竹下巧一郎校長から保護者に説明があったという。

どのような行為がどの程度あったのかなど校長は保護者にキッチリと説明したのでしょうか。

スポンサーリンク


男性顧問はU20コーチの秋本純男か?

ニュースによると

男性顧問は日本陸連のU20の投てき部門でコーチも務めていますが、現在は謹慎しているということです。

と、日本陸連のU20の投てき部門のコーチを務めているということがわかり、名前も難なく特定することができました。

秋本純男

秋本先生の指導は定評あるようで、宮崎工業高校の校長もその指導のことを書き残しています。

秋本先生は、ご自身でも数々の大会記録を持つ方です。また日本を代表する「投てき(ハンマー投げ、円盤投げなど)」の指導者として知られ、オリンピック選手のコーチまでされています。

ある意味国が認めたアスリート指導者ですので、9月に女子部員がセクハラを訴えたにもかかわらず、保護者への説明が今になったことからも、学校側が慎重の上にも慎重に調査を行なったことがうかがえます。

秋本先生は、その経歴から宮崎県内の中学校などでの講演会活動もされています。
西都市立穂北中学校の立志式でも講演会をしていたのを見つけました。
演題は、
「やらなければ なにもはじまらない」

今、このテーマは微妙ですね。
こちらに講演の写真も掲載されていました。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする