倉敷市水島環境センター男性副主任、イベント会場で女性を盗撮して懲戒免職。名前や顔画像、余罪の情報まとめ

ここまできたら、もう病気なんでしょうか。
イベント会場で女性を盗撮した疑いで逮捕された倉敷市の男性職員が、懲戒免職処分を受けました。

スポンサーリンク


男性職員の逮捕容疑とは?

「申し訳ございません」

そう言って犯行を認めているのは、水島環境センターで勤務する49歳の男性副主任で、岡山県迷惑行為防止条例違反の疑いで現行犯逮捕されました。

副主任は、12月上旬、岡山県内のイベント会場で、あらかじめ用意したカメラで女性を盗撮していました。

イベント会場に行く目的が、盗撮だったことは明らかで、家宅捜査などをすれば余罪がたくさんありそうな気がします。

スポンサーリンク


4年前にも盗撮で定職処分の問題児

この職員は、4年前の2014年にも盗撮行為で停職1年の処分を受けていました。
そのため、倉敷市は重く受け止め、この男性職員を12月28日付で懲戒免職にし、上司2人を文書と口頭で厳重注意しました。

やはり4年ぶりに盗撮を行なったとは思い難いですね。
この間も盗撮を行なっていたものの、発見されていなかっただけではないでしょうか。
警察には、余罪についてもしっかりと調べてもらいたいです。

盗撮の常習者のような男を職員として雇っている倉敷市は、当然批判されるでしょう。彼が受け取る報酬は市民の税金から捻出されています。こういうことの自覚が足りない職員は厳しく指導していくべきだと思いますね。

今回懲戒免職となった男性副主任について、名前はもちろんのこと顔画像も公開されていません。公務員だからなのか、公務員ではなくなっているからなのか、その辺りの事情はわかりませんが、再犯防止のためにも厳罰に処して欲しいですね。

スポンサーリンク


世間の反応は?

度重なる盗撮により懲戒免職という厳しい処分を公務員が受けたことに対し、世間の人はどのように感じているのでしょうか。Yahoo!ニュースのコメントから見てみましょう。

盗撮でも名前を明らかにしたらもう元の場所には住めないはず。
私の近所でも引越しがありました。
自業自得で同情もしませんが、。。。
4年間ガマンして急に再犯というのも不自然。
余罪を徹底的に追及すべき。
奥様や子供には罪は無いので独身であることを望みますが。

公務員なんだから1回目で懲戒免職にすべき。
ゆるいなあ

1回目で通常は懲戒免職。
百歩譲って停職1年なら、普通は依願退職しているのに辞めてないところをみると、
相当図太い常習犯。

2度目なのか。
じゃ、余地はないな。

一度定職処分を受けていながら、再び盗撮で現行犯逮捕なんてあり得ないですね。何のための定職処分だったんでしょうか。処分のあり方についても倉敷市は検証すべきでしょうね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする