小関孝徳くんの腕時計、埼玉県警が遺族から預かっていたにもかかわらず紛失し謝罪。未解決事故詳細や経緯などの情報まとめ

ちょっと信じられないニュースが飛び込んできました。
10年前、埼玉県熊谷市で当時、小学4年生の男の子が車にひき逃げされて死亡した未解決事件で、警察が遺族から預かった男の子の腕時計を紛失したことが捜査関係者などへの取材で分かりました。警察は遺族に謝罪したうえで紛失したいきさつなどを調べています。

スポンサーリンク


小関孝徳くん、ひき逃げ事件とは

小関くんは、小学4年生(当時10歳)だった平成21年9月、埼玉県熊谷市の市道で、書道教室から自転車で帰宅途中に車にはねられて死亡しました。

警察は現場の状況などからひき逃げ事件として捜査しています。
この事件は目撃証言が無く物証も乏しいため捜査が難航していて、ひき逃げの罪はすでに時効を迎え、自動車運転過失致死の罪の時効もことし9月に迫っています。

スポンサーリンク


腕時計は母親からのプレゼント

「ご遺族に大変ご迷惑をおかけしました。

今後このようなことがないよう指導するとともに原因などがわかり次第、適正に対処します」

埼玉県警が身元確認のために、自転車や服などとともに孝徳くんが事故当時身につけていた腕時計を預かっていたため、事件の時効が迫る中、母親が、去年10月、警察に預けた遺品について問い合わせをしたところ、腕時計が無くなっていることが分かったという。

今回紛失していることがわかった孝徳くんの腕時計は、母親が孝徳くんの10歳の誕生日にプレゼントした大切な遺品でした。

そんな大切な贈りものを失くしてしまうなんて信じられません。

「大切な遺品がきちんと保管されていなかったことを知り、事件が発生した当初から適正に捜査が行われていたのか疑問を持ちました。ことしで時効を迎えるので警察にはなんとしても事件を解決してもらいたいです」

そう話すお母さんの気持ちはよくわかります。
警察は本気で事件解決に向かい合っていたんでしょうか。
それとも、その証拠の腕時計を紛失しなければならない理由があったのでしょうか。

スポンサーリンク


小関孝徳くんのプロフィール

●名前/小関孝徳
●年齢/10歳(平成21年9月事故当時)
●学校名/熊谷市立石原小学校
●学年/小学4年生

孝徳くんは幼い頃に父親を病気で亡くし、母親と2人暮らしでした。
サッカーが好きで、母親が悲しい顔をしていると、
「お笑い芸人になる」
そう言って励ます優しい少年だったようです。

「2人しかいない」

母と子はお互い協力し合いながら、暮らしていた中で、孝徳くんの10歳の誕生日プレゼントで贈った腕時計を、事故当時も孝徳くんはしっかりと身につけていました。

気持ちはいつもお母さんと一緒にいたんでしょうか。
10歳、小学4年生と言えば、「1/2成人式」が小学校で行われます。
孝徳くんがどんな夢を描いていたのか、
その夢をお母さんはどういう想いで聞いていたのか、
想像すればするほど、埼玉県警への怒りがおさまりません。

犯人逮捕を信じていた警察への不信感に苦しむことになってしまったお母さんの想いに応えるためにも警察には犯人逮捕をお願いしたいですね。

事故に関する情報提供は、熊谷署(電話048・526・0110)へ。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする