仲邑菫(なかむらすみれ)、史上最年少10歳で囲碁のプロ棋士誕生で「英才特別推薦棋士」に。顔画像や経歴、家族などの情報まとめ

将棋界では藤井聡太七段が注目され、昨年は将棋の羽生善治竜王、囲碁の井山裕太七冠に国民栄誉賞が授与されるなど、注目が集まっている囲碁、将棋界にまたまたうれしいニュースです。

仲邑菫さんが史上最年少プロ棋士に

日本囲碁界で史上最年少の10歳のプロ棋士が誕生することを日本棋院が1月5日に発表しました。

今年4月に史上最年少プロ棋士になるのは、大阪市此花区の小学4年生、仲邑菫(なかむらすみれ)さん(9)です。囲碁先進国の韓国で修業を積み、「世界一になる逸材」として、日本棋院が新設した小学生までの採用制度「英才特別推薦棋士」の第1号として迎えられます。菫さんは、4月1日付、10歳0カ月で日本棋院関西総本部(大阪市)の所属棋士になり、これは9年前、11歳6カ月でプロ入りした藤沢里菜女流本因坊(20)を抜く最年少記録となります。

仲邑菫さんのプロフィール

「中学生でタイトルを取りたい」

仲邑菫さんは会見でそう話しました。
5年以内で女流●●●と呼ばれることになるのか注目ですね。

●名前/仲邑菫(なかむらすみれ)
●年齢/9歳
●生年月日/2009年3月2日生
●住所/大阪市此花区
●学校/大阪市立高見小学校(?)※確認中

菫さんは、プロ棋士の仲邑信也九段(45)と、囲碁の元インストラクターの幸(みゆき)さん(38)のひとりっ子です。

母親の幸さんの手ほどきで3歳で碁を覚え、7歳から一家3人で囲碁先進国の韓国・ソウルに渡って修業。日本での義務教育履修のため日韓の往復生活を続けていました。菫さんはすぐに韓国語を覚え、両親の通訳にもなっているという。

菫さんは昨年、現地の小学生低学年のチャンピオンになり、今年、韓国棋院のプロ候補生である研究生になっています。

韓国では”囲碁漬け”の日々で、平日は名門「韓鐘振(ハンジョンジン)囲碁道場」で、週末は韓国棋院で対局を重ねてきたという。

「子どもたちの囲碁環境が日本と全く違う。
あれを見て、菫が世界を狙うには韓国で勉強させなければと思った」
父の信也九段

根っからの負けず嫌いで、負けると大泣きする性格の菫さんの活躍に注目が集まるのは必須ですね。

井山裕太棋聖よりも上か?

1月6日午後、東大阪市で仲邑菫さんは井山裕太棋聖との記念対局に臨みます。
記念対局とは言え、菫さんが井山棋聖との対局でどのような打ち手を見せるか楽しみですね。

日本棋院がプロ棋士採用にあたって菫さんに対局させた張栩(ちょうう)名人(38)は、
「衝撃的でした。うわさには聞いていたが、想像以上にすごい子。小学生時代の井山(裕太五冠)さんと打ったことがあるが、当時の彼より上をいっている」
と言っています。

女流の世界チャンピオンになるのはもちろん、男性のトップ棋士とも対等に戦えるのではないかと言われているほど評価が高い菫さんのプロ棋士としての対局は2019年大注目ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする