梅本寛之(うめもとひろゆき)顔画像、鶴見大学歯学部附属病院の歯科医師が治療中に目隠ししてわいせつ行為。犯行手口や余罪、facebookなどの情報まとめ

とんでもない事件のニュースが飛び込んできました。
横浜市鶴見区の病院で歯の治療中に患者の女性にわいせつな行為をしたとして29歳の歯科医師の男が逮捕されました。

梅本寛之容疑者の逮捕容疑は

準強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、横浜市の鶴見大学歯学部附属病院に勤める歯科医師の梅本寛之容疑者(29)です。

梅本容疑者は12月12日、通院していた20代の女性に対し、タオルで目隠しをし、診療用の椅子の上でわいせつな行為をした疑いが持たれています。

治療は仕切り板で区切られた診察室の一画で行われていて、わいせつ行為はおよそ5分間に及んだということ。女性は当初、治療の一環だと思っていましたが後日、不審に思って県警に相談し事件が発覚しました。 この女性は複数回、治療で通っていて、当日は時間外診療で、診療室内には、ほかに人がいなかったという。

他に人がいないことをいいことに治療中で無防備な女性にわいせつな行為をするなんて、絶対に許せる行為じゃありません。

梅本容疑者の余罪は?

「わいせつ行為をしたことは間違いありません」

警察の調べに対し、梅本容疑者は容疑を認めているという。
また、梅本容疑者は、

「他の女性にもやった」

という趣旨の供述をしているということから他にも梅本容疑者から同様の被害を受けた患者がいるとみて捜査を進めています。

これまでに何人もの女性患者が被害に遭っていたんかもしれないですね。
自宅やスマホなどを調べたらきっともっとオゾマシイ証拠画像などが出てきそうです恐ろしいですね。警察には徹底的に調べ尽くしてほしいです。

梅本容疑者のプロフィール

●名前/梅本寛之(うめもとひろゆき)
●年齢/29歳
●住所/横浜市青葉区あざみ野
●職業/歯科医師
●勤務/鶴見大歯学部付属病院

鶴見大学歯学部付属病院にはいくつもの診療科目があり、梅本容疑者がどこに所属していたのかは不明ですが、おそらく一般的なむし歯治療を行う「保存科」に所属していたと思われます。

「保存科」は、むし歯や歯周病治療のほかに顔の骨折(外傷) などで歯が折れたものの治療にも対応しているようですが、ホームページでは現在リニューアル中となっています。梅本容疑者の紹介があるためにリニューアルを行なっているのかもしれません。

なお、梅本容疑者の顔画像はテレビニュースでは公開されていません。
facebookなども調査していますが特定には至っていません。

【続報】梅本容疑者の顔画像公開

テレビニュースで梅本容疑者の顔画像が公開されましたので、こちらに追記します。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする