伊藤剛志(いとうつよし)顔画像、愛媛県新居浜市で両親(高平勝浩と洋子)を刃物で殺害。facebookや苗字が違う理由などの情報まとめ

息子が両親を刃物で刺し殺すという残忍な事件が愛媛県新居浜市で起きました。
逮捕までの経緯や犯行動機など事件は一体なぜ起きたのでしょうか。

伊藤剛志容疑者の逮捕容疑は?

1月10日午前8時ごろ、愛媛県新居浜市高木町の民家で、この家に住む会社員、高平勝浩さん(55)と妻洋子さん(54)が死亡しているのを県警新居浜署員が見つけました。

いずれも体に刃物による傷があり、殺人事件として警察が捜査していましたが、同居の息子で会社員の伊藤剛志容疑者(24)を殺人容疑で逮捕しました。伊藤容疑者は、今月上旬、自宅で高平さんを殺害したとされていて、洋子さんの殺害もほのめかしているという。

伊藤容疑者には同居している両親を殺害するほどの強い恨みがあったのでしょうか。

伊藤容疑者逮捕までの経緯

「数日間連絡が取れない」

1月9日夜に殺害された高平さんの勤務先から警察に連絡があり、翌10日朝に自宅を訪れた署員が遺体を発見しました。

高平さんは2階、妻の洋子さんは1階の床に倒れていて、同居していた伊藤容疑者は家におらず、隣の愛媛県西条市内の駐車場で捜査員に身柄を確保されました。

「刃物で刺した」

伊藤容疑者は供述し、容疑を認めているようで、殺害に用いられたと思われる血の付いた刃物も屋内で見つかっているようです。

スポンサーリンク


伊藤容疑者のプロフィール

●名前/伊藤剛志(いとうつよし)
●年齢/24歳
●住所/愛媛県新居浜市高木町
●職業/会社員
●家族/父・高平勝浩(55)、母・高平洋子(54)、兄弟は不明
●続柄/長男

伊藤容疑者の顔画像はテレビニュースで公開されています。
facebookを調べていますが本人のものの特定はできていません。
また、同級生の話しでは、伊藤容疑者の性格は「どちらかと言うと物静かなほう」だったようです。

ここで気になるのが、伊藤容疑者と殺害された両親の苗字が違うことです。
いくつか理由は考えられると思います。

⑴結婚して婿入りしたため苗字が変わった
⑵母方の家督を継承するために養子縁組をして苗字が変わった
⑶高平さん夫婦は里親で、本当の親がわかりその苗字を使っている

あくまでも考えられる推測でしかありませんが、同居しているのに苗字が異なるのにはなんらかの理由が考えられます。それが今回の事件に関わっているとしたら悲しいですね。

参考までにfacebookで「高平剛志」について調べてみました。
すると実に興味深いアカウントに巡り会うことができました。
新居浜市に居住している同姓同名のアカウントがあったんです。
そのアカウントには顔画像がしっかりあり、優花と書かれた赤ちゃんの写真をプロフィール画像として使っています。

仮に、このアカウントが伊藤容疑者本人のものであるとしたら、もしかしたら伊藤容疑者は結婚により苗字が変わっていると考えられますね。

この辺りのことは、日テレニュースではここに掲載された顔画像を使用して報じていますが、まだ特定には至っていませんので、詳細がはっきりしたら続報させていただきます。

引用:日テレニュース24http://www.news24.jp/articles/2019/01/11/07413935.html

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする