乾誠悟(いぬいせいご)顔画像、父親の乾マタニティクリニック院長 乾裕昭を殺害。facebookや家族などの情報まとめ

病院長が息子に殺害されるというショッキングな事件のニュースです。
福島・郡山市の病院で、院長の男性が首を絞められ死亡する事件があり、34歳の息子が逮捕されました。

乾誠悟容疑者の逮捕容疑は?

殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、自称、郡山市の無職・乾誠悟容疑者(34)です。

乾容疑者は1月12日夕方、「乾マタニティクリニック」の3階の自宅で、院長で父親の裕昭さん(69)の首を絞めて殺害しようとした疑いが持たれています。乾容疑者は、通報で駆けつけた警察官にその場で逮捕されましたが、裕昭さんは、間もなく死亡しました。

乾容疑者、逮捕までの経緯

「息子が夫の首をしめた」

犠牲となった乾裕昭さんの妻の110番通報で事件が発覚しました。
警察が駆けつけたところ、病院に併設された3階の自宅廊下で、裕昭さんが倒れているのが見つかり、息子の乾誠悟容疑者が駆けつけた警察官に

「俺が殺した」

と話したという。

犯行動機はまだ明らかになってはいませんが、親子に一体何があったのでしょうか。

乾容疑者のプロフィール

●名前/乾誠悟(いぬいせいご)
●年齢/34歳
●住所/福島県郡山市並木三丁目5-18(乾マタニティクリニック)
●職業/無職
●容疑/殺人

乾容疑者が首を絞めて殺害した父親の裕昭さんは、乾マタニティクリニックの院長でした。乾マタニティクリニックは、不妊治療でも地元では有名なクリニックでしたので、地元の方も驚かれたことだと思われます。

乾容疑者の顔画像はニュースでは現時点では公開されていません。また、facebookなども調査していますが、本人のアカウントの特定には至っていません。

同居している父親の首を絞めて殺害するほどの憎しみが乾容疑者にはあったのでしょか。今後の捜査で明らかになることでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする