川瀬直樹(かわせなおき)顔画像、2002年に東京で成嶋健太郎(なるしまけんたろう)を殺害した事件の犯人が逮捕。名前や犯行詳細、動機などの情報まとめ

2002年に東京都足立区のアパートで会社員の成嶋健太郎さん(当時23歳)が殺害された事件で、警視庁捜査1課は21日にも、台東区に住む40代の男を強盗殺人容疑で逮捕する方針を固めました。

スポンサーリンク


40代男が浅草署に出頭

「人を殺したのがばれたので出頭した」

台東区に住む40代の男が昨年12月に警視庁浅草署に現れ、2002年に東京都足立区のアパートで会社員の成嶋健太郎さん(当時23歳)が殺害された事件への関与をほのめかしました。

現場に残された指紋が男と一致したため、警視庁は21日にも強盗殺人の疑いで男を逮捕する方針です。

男は成嶋さんと面識はなかったという。

成嶋さん殺害犯の名前は?

警察は出頭してきた40代の男を、1月21日にも強盗殺人の疑いで逮捕するようです。

犯人の男の名前は、逮捕後に明らかになると思われます。テレビニュースでも報じられるでしょうから、顔画像も合わせて公開される可能性は大きいですね。

情報が入りましたら、こちらで続報させていただきます。

スポンサーリンク


成嶋健太郎殺害事件とは?

事件は2002年12月22日に発覚しました。
12月21日、足立区島根2のアパートの一室で住人の成嶋さんが両足首を電気コードで縛られて床に倒れていました。

死因は頭を鈍器で殴られたことによる脳幹部挫傷で、顔や背中にも切り傷や刺し傷があり、殺人事件として捜査されていました。

殺害された成嶋さんは、茶色のジャンパーを着てリュックサックを背負っていたことから出かける直前に襲われたとみられ、成嶋さんの財布と鍵がなくなっていました。また、室内のフライパンなどに血痕が付着していました。

成嶋さんの殺害動機は?

「カネに困っていた」

40代の男は、成嶋さんとは面識はなかったといい、任意の調べにもそのような説明をしているようです。

合わせて、当時の現場の状況や、殺害方法などについても供述しているという。

カネ目当ての殺害だったんでしょうか。
逮捕され、取り調べによりさらに詳しい殺害動機が判明するでしょう。

スポンサーリンク


【顔画像】川瀬直樹容疑者が逮捕

16年前の殺人事件の犯人が逮捕され、ニュースでは顔画像も公開されました。

2002年12月、東京・足立区のアパートで、当時23歳の男性が殺害された強盗殺人事件で、警視庁は47歳の男を逮捕しました。
強盗殺人などの疑いで逮捕されたのは、台東区の無職・川瀬直樹容疑者(47)です。川瀬容疑者は2002年12月、足立区島根のアパートで会社員の成嶋健太郎さん(当時23)を殺害したうえ、財布などを奪った疑いが持たれています。
警視庁によりますと、川瀬容疑者は先月上旬、警視庁浅草警察署に出頭し、任意の調べに対して「金が欲しくてやった。ドアを片っ端から開けていって入れるところに入った」などと、事件への関与を認めました。
さらに、最新の技術で鑑定を行った結果、川瀬容疑者の指紋と現場に残された指紋が一致したということです。

引用 https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3579076.html

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする