藤田大志(ふじただいし)佐藤翔(さとうしょう)顔画像、秋田県能代市の火事で消火活動中にフラッシュオーバーが発生し殉職。事故発生の経緯や原因などの情報まとめ

全国30都道府県で乾燥注意報が出される中、秋田県能代市で起きた住宅など合わせて5棟が全焼した火事で、焼け跡から消火活動にあたった消防隊員2人とみられる遺体が発見されるという悲しい事故のニュースです。

スポンサーリンク


藤田大志・佐藤翔の命を奪った火事とは

1月22日午前7時頃、秋田県能代市富町の武田安一さん(94)方から出火、木造2階住宅兼店舗、隣接する薬局や木工所、住宅など5棟を全焼し、約6時間半後に鎮火しました。

消防に通報があり、消火活動を行っていた能代消防署の藤田大志消防士長(32)と佐藤翔消防副士長(26)と連絡が取れなくなり、その後、2人とみられる遺体が見つかったという。

消火活動中に事故発生か?

殉職した藤田さんと佐藤さんは午前7時10分頃、40歳代の上司と計3人で武田さん方に進入しました。

そして、午前7時25分頃までに、逃げ遅れていた武田さんと家族の女性を避難させていました。

この時点では、火の勢いはそれほど強くなく、視界も悪くなかったため、藤田さんと佐藤さんが室内に残って放水を始めましたが、突如、猛烈な火の手が上がったという。

スポンサーリンク


事故の原因はフラッシュオーバー現象?

「このような事故を防ぐことができず、悔やんでも悔やみきれません」

能代山本広域消防本部の伊藤智消防長は、そう言って無念さをにじませていました。

そして、能代山本広域市町村圏組合消防本部は、2人が殉職するきっかけとなったのは、室内の局所的な火災が数秒~数十秒のごく短時間に拡大する「フラッシュオーバー」現象が発生した可能性が高いと説明しました。

フラッシュオーバーは、急激に炎が燃え広がる現象で、避難する時間がほとんどなく、発生の予想も難しいという。
報道ステーションのインタビューでも突然火の勢いが増したことを通報した女性がコメントしていました。

スポンサーリンク


世間の反応は?

若い2人の消防隊員が殉職するという最悪の結果を招いてしまいましたが、世間の皆さんはどのようにみているでしょうか。Yahoo!ニュースのコメントを見てみましょう。

命がけで使命を果たした
消防士さんに敬礼。

懸命に人命救助に当たった隊員に敬礼。
消防隊は自分の命を守り要救助者を救う。
日々の厳しい訓練に勤しんでいた隊員はあっぱれ。

この若い2人に、国民栄誉賞を。
合掌。

火事場で一番危険なのがフラッシュオーバーらしいです。
以前にもフラッシュオーバーで消防士の方がお亡くなりになられています。
消防学校でフラッシュオーバーについては教え込まれるみたいですが、
実際の火事場だと予兆に気付くのは消防士(プロ)でも難しいんだろうなと思いました。
勇敢な2名の消防士の御冥福をお祈りします。

お若いのに、残念です…
ご冥福をお祈り致します

二人に敬意を示すのは当然として、
二度とこういう事故が起こらないように対策を!!
気の毒すぎるし、怖すぎる。

こんな若い二人がとか残酷すぎるやろ
親御さんとかもしかしたらお子さんとかやりきれんで

やはり懸命に救助活動を行い、消火活動中に起きた事故で命を落とした若い2人の消防隊員への賛辞に溢れています。
2人の顔画像やご家族のことなどの情報はまだニュースなどでは公表されていません。

藤田大志さんと佐藤翔さんのご冥福を心からお祈りいたします。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする