畑裕貴 顔画像、和歌山県の税務署職員が調査宅から財布を盗み懲戒免職。犯行手口や勤務地などの情報まとめ

税務署職員の驚くような事件のニュースです。
税務調査で訪問した家にあった財布を盗んだ疑いで26歳の男性職員が逮捕されました。

畑裕貴容疑者の逮捕容疑は?

窃盗の疑いで逮捕されたのは、畑裕貴容疑者(26)です。

畑容疑者は、昨年12月4日に税務調査で訪問した和歌山県みなべ町の農業男性(78)宅を訪問し、約2500円などが入った財布を盗んだ疑いがもたれています。

税務署から署内で窃盗被害があったと相談があり、捜査の過程で男性の被害が発覚したという。

畑容疑者の余罪は?

税務調査で訪問したお宅ということは、納税に関して何らかの問題があったということだったのでしょうか。資産家で適正に納税がなされているかの調査に入ったのかもしれませんが、考えようによってはお金持ちの家なのかもしれません。

そういう家に調査に行くことが多いのでしょうから、畑容疑者がココ以外にも現金や財布などを盗んでいた可能性は考えられます。

警察と大阪税務局、御坊税務署でしっかりとこの辺りは調べて欲しいですね。

畑容疑者のプロフィール

畑容疑者が勤務していた御坊税務署

●名前/畑裕貴
●年齢/26歳
●住所/兵庫県川西市
●職業/税務署職員
●勤務地/御坊(ごぼう)税務署
●容疑/窃盗

畑容疑者の顔画像は、現段階ではテレビニュースなどで公開はされていません。
既に懲戒免職となっていることから、税務署側が配慮を促すことは考えられませんので、送検時などに報道されるかもしれません。こちらでも続報させていただきます。

今回、畑容疑者は懲戒免職となっていますので、通常で言えば退職金などもナシと考えられます。普段の仕事ぶりがどうだったかはわかりませんが、お金を見守る立場の人が、自らお金に手を染めて職を失うことになったのは皮肉な気がします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする