四十宮直樹(よそみやなおき)顔画像、昭和大学医学部生がタイ国籍の19歳風俗店従業員を殺害。動機やfacebookなどの情報まとめ

医学部生が殺人容疑で逮捕されるという驚きのニュースです。
去年12月、東京・台東区で、タイ人の女性を殺害したとして、昭和大医学部の学生が逮捕されました。

スポンサーリンク


四十宮直樹容疑者の逮捕容疑は?

殺人の疑いで逮捕されたのは、昭和大学医学部2年の四十宮直樹容疑者(20)です。

逮捕容疑は、昨年12月18日午後8時半~同55分ごろ、東京都台東区根岸のホテル5階室内で、派遣型風俗店アルバイト、セーンネ・パニダさんを、金属製のトルクレンチ(長さ36センチ、重さ835グラム)で頭を殴るなどして殺害したとされています。

四十宮容疑者は事件後、部屋の窓から飛び降り、頭蓋骨骨折などの重傷を負って入院していました。四十宮容疑者のリュックサックからは、女性の血が付いた工具が見つかっており、警察は、この工具で女性の頭などを殴って殺害したとみています。

スポンサーリンク


四十宮容疑者、殺害動機は?

「棒で強くたたきすぎたが、殺すつもりはなかった」

四十宮容疑者は、殺人の容疑を否認しています。

四十宮容疑者とセーンネ・パニダさんの2人に面識はなかったようで、四十宮容疑者は東京・秋葉原でトルクレンチを購入した後にホテルに向かったとみられ、警察は慎重に捜査を進めています。

スポンサーリンク


四十宮容疑者のプロフィール

●名前/四十宮直樹(よそみやなおき)
●年齢/20歳
●住所/千葉県船橋市前貝塚町
●職業/大学生
●学校名/昭和大医学部2年
●容疑/殺人容疑

四十宮容疑者の顔画像は、テレビニュースで既に公開されています。
短髪に整えられた感じからは殺害の理由は想像もできません。

四十宮容疑者の経歴などを調べようとfacebookなども調査していますが、本人のアカウントの特定には至っていません。

「棒で強くたたいた」

四十宮容疑者の供述から、行き過ぎたSM行為が原因という見方もされています。とは言え、事前に購入したトルクレンチを使って叩けばどうなるか、、、医学部生なら想像はできるはずです。殺人の意思はなかったのかもしれませんが、その行為でどうなるかはわかるでしょう。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする