ファミマアルバイト 顔画像、商品を舐める不適切動画を投稿。くら寿司やバーミヤンなど度重なる悪質な行為に3年A組担任柊先生の渾身のメッセージを!

またか、、、
これだけ立て続けに起こるとこっちまでマヒしてきますが、絶対に許されない恥ずべき行為には間違いありません。

多くの飲食店などで不適切な動画の投稿が相次ぐなか、ファミリーマートの従業員が商品をなめる動画が拡散し、批判の声が上がっています。

ファミマ動画は舐める行為

問題の動画は、ファミリーマートの従業員が撮影者と笑いながら商品を袋に詰める際にペットボトルのキャップなどをなめている様子が撮影されています。

ファミリーマートは2月10日に店員が不適切な動画を撮影し、会員制交流サイト(SNS)に投稿したと明らかにしました。

「ユニー・ファミリーマートHD」は、「日頃から各店舗への指導・教育を行っていた」としながらも、「お客様に不快、不安な思いをさせてしまい深くおわび申し上げます」と謝罪しました。現在、どこの店舗かなどは調査中で、確認でき次第、厳正に対処するとしています。

スポンサーリンク


ファミマアルバイトが特定か?

ファミマ側は店舗などは調査中としていますが、ネット上では既にアルバイト本人を特定しているものもあります。

自分が投稿した動画がどれだけの人たちに影響を与え、迷惑をかけてしまうのか、そして自分だけじゃなくて周りの大切な人たちにまで被害を与えてしまうのかという想像力の欠如をどう感じているのでしょうか。

バーミヤンやくら寿司でも発覚

今のトレンドとも思えますが、不適切な動画は、バーミヤンやくら寿司などでも発覚していて、従業員への教育が課題となっています。

各社とも損害賠償まで視野に入れた対応を検討しています。会社のために働いてくれた仲間をこういう形で訴えなければならないことにどれだけ苦しい想いをしているか。

悪いイメージを拭い、会社を守るための戦略とは言え、こうまでしないと同様の行為が後を絶たないという苦渋の選択とも言えますね。

スポンサーリンク


菅田将暉演じる柊先生のメッセージ

今回のクールで話題になってあるドラマ、3年A組の2月10日のOAは、不適切な動画を投稿したアルバイトたちへのメッセージのように思えてなりません。

「お前の何気ない一言が誰かを救うかもしれない。

 だけど、同時にお前の何気ない一言が
 誰かを深く傷付けることを忘れるな!」

こういう世の中だからこそ、柊先生のような暑苦しいセンコーの言葉に胸を打たれるのかも知れません。

何を感じるか。
このドラマは、ラストまで見逃せないですね。
マジで、観たほうがいい。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする