【負けるな!】池江璃花子(いけえりかこ)白血病、競泳女子 東京オリンピック金メダル候補がツイッターで告白。五輪出場や治療などの情報まとめ

ショッキングで信じられないニュースが飛び込んできました。
競泳女子で来年東京オリンピックの金メダル候補の池江璃花子(18=ルネサンス)が2月12日、白血病であることを自身のツィッターで告白しました。

競泳界のエースの突然の告白に、マスコミ各社が緊急ニュースとして伝えています。

池江璃花子選手の告白とは?

「応援してくださる皆様、関係者の皆様へご報告があります。

日頃から応援、ご支援を頂きありがとうございます。

この度、体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、「白血病」という診断が出ました。

私自身、未だに信じられず、混乱している状況です。

ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります。

今後の予定としては、日本選手権の出場を断念せざるを得ません。今は少し休養を取り、治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います。これからも温かく見守っていただけると嬉しいです。

池江璃花子」

あんなに記録を伸ばしていた池江選手がなぜ、、、
そんな思いが無くなりません。

スポンサーリンク


白血病発覚までの経緯

池江選手は、先月18日から約3週間の予定でオーストラリア合宿に出発していました。東京オリンピックを視野に入れたトレーニングを積み上げる予定だったのでしょうが、今月7日までの予定でしたが体調不良のため、予定を早めて帰国し、検査を受けていました。その結果、白血病と診断されたことを告白しました。

スポーツ紙の記者によると、池江選手は12月ごろ、記録が伸び悩んでいることと体の疲労感を口にしていたようです。

渡辺謙、池江璃花子にメッセージ

池江選手の突然の告白に世間が、驚きとともに池江選手にエールを送っています。

緊急会見で、水泳関係者が東京オリンピックの選考の舞台に立てることを目指していることを明言しました。
白血病は医学の進歩もあり、復帰したスポーツ選手もいる。
昨年11月にはJ2新潟のDF早川史哉(24)が約2年ぶりに復帰。
02年にはプロ野球オリックスの岩下修一投手が1年のブランクを乗り越えて復帰しています。

多くの皆さんが池江璃花子選手へのメッセージを綴っています。
池江選手が私たちの応援する場所へ戻ってくる日を待っています。
その日まで、治療に専念してください。
ずっとずっと応援し続けています。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする