田畑毅(たばたつよし)衆院議員 顔画像、知人女性への準強制性交容疑で刑事告訴される。盗撮やレイプ、経歴などの情報まとめ

男女関係のトラブルを巡り、自民党から離党の意向を示している比例代表東海ブロック選出の田畑毅衆議院議員を、トラブルの相手側の女性が刑事告訴していたことが分かりました。
この田畑議員も、俗に言う2012年初当選「魔の3回生」だという。

スポンサーリンク


田畑毅代議士が乱暴で刑事告訴

捜査関係者によると、自民党に離党届を出した田畑毅衆院議員(46)=比例代表東海ブロック=に乱暴されたとして、名古屋市在住の20代会社員の知人女性が準強制性交容疑で愛知県警に刑事告訴していたことがわかりました。

女性は昨年12月24日夜に田畑氏と飲食し、酒に酔って寝ている間に乱暴されたと訴えているという。

スポンサーリンク


デイリー新潮に被害女性が告白

「田畑さんがクリスマスイブにしたことを私は絶対に許しませんし、しっかりと社会的制裁を受けてもらうべきだと思います」

田畑代議士の驚くべき癖が、被害女性の告白により明らかになっています。
デイリー新潮によると、被害女性と田畑代議士は、SNSを通じて知り合い、昨年10月頃から交際をスタートしたという。

ちなみに田畑代議士は、離婚歴ありの独身の身なので、同じく2012年初当選「魔の3回生」の宮崎謙介氏や中川俊直氏と比べれば、クリーンな身の上にあったのですが、その癖の酷さに正直なところ、ドン引きしてしまいます。

この日、居酒屋、焼肉屋とハシゴし、記憶をなくすまで飲んでしまったという中村さん。気付いたときには、全裸で自宅にいたという。傍らには、肌着姿の田畑代議士が。この時は不審に思うことなく田畑代議士と接した中村さんだったが、ささいなことで喧嘩に発展。その流れで件の盗撮についても問い詰めた。
「“盗撮してるでしょ。消してよ”って言ったんです。そしたら田畑さん、“はいはい消します消します”って……」

その“軽さ”に信用ができず、中村さんは田畑代議士のスマホを取り上げる。そこに収められていたのは、盗撮動画の数々。台所に立つ姿や電話中の姿に加え、性行為の様子を隠し撮りしたものまで……。さらに彼女を茫然とさせたのは、

「まさに“今夜”の動画もあったんです。全裸で横たわる。私の姿が舐めるように写されていて……」

泥酔して意識がないのをいいことに、田畑代議士は避妊具なしの行為に一方的に及んだという。先述のとおり、以前から身の危険を感じていたという中村さんは、この夜のやりとりを記録していた。

引用 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190220-00557038-shincho-pol

台所に立つ姿や電話中の姿、さらに性行為の様子を盗撮していた上に、極め付けは泥酔して意識のない被害女性へのレイプ、、、癖と言ってしまうには恐ろしいくらいの犯罪行為を田畑代議士は犯し続けていたことが想像できます。

その後年明けに田畑代議士の弁護士から文書が被害女性宛に届き、
「お詫びの気持ちとして100万円をお支払いしたい」
という申し出があり、このやり方に刑事告訴を決意したという。

田畑代議士のプロフィール

●名前/田畑毅(たばたつよし)
●年齢/46歳
●職業/衆議院議員
●選挙区/愛知県第2区
●選出エリア/比例代表東海ブロック
●政党/自民党 二階派
●当選回数/3回
●出身大学/早稲田大学法学部卒

田畑代議士は、自民党を離党する意向を示しているものの、依然、議員バッジはつけたままです。議員を辞職する意向は示していないということですが、今後の世論次第では、辞職も致し方ないと思います。

女性とのカラミで、ベッドの上の行為を撮影しようと、田畑代議士が不自然にスマホを立てかけようとしていたことや避妊をめぐる身勝手な言動など、不審に思っていた節を抱きながら、被害女性は田畑代議士との交際を続けていたようです。

もう少し真摯に対応していれば、刑事告訴までは行かなかったのかもしれませんが、お金で解決しようとしたところで、女性の気持ちに火をつけてしまいました。

田畑氏の地元・名古屋市の事務所は無人で、衆院議員会館とも電話に応答はないようですので、衆議院議員辞職という選択肢も残っています。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする