橋本佳歩 顔画像、やけどを負った3歳長女をラップ巻きで放置。交際相手の田中聡やパチンコ、育児放棄などの情報まとめ

またしても親による子どもの虐待のニュースです。
横浜市で重いやけどを負った3歳の長女を自宅に放置したとして、母親と交際相手の男が逮捕されました。

スポンサーリンク


橋本佳歩容疑者の逮捕容疑は?

保護責任者遺棄の疑いで逮捕されたのは、母親の橋本佳歩容疑者(22)と交際相手の田中聡容疑者(21)です。

橋本容疑者らは、背中から腰にかけて3か月以上の入院が必要なやけどを負った長女(3)を治療を受けさせずに自宅に放置した疑いが持たれています。

どうしてそんな状態になってまで、放置できるんでしょうか。鬼としか思えないです。

スポンサーリンク


5歳の長男がママを探す

「ママがいない」

事件発覚のきっかけは、長女とともに自宅に残された5歳の長男が、雨が降る中、パジャマ姿で必死に助けを求めて回ったという。

助けを求められた男性は不審に思い、警察に通報し、駆けつけた警察官が、上半身にラップを巻かれ、布団に横たわる長女を見つけました。

スポンサーリンク


橋本容疑者、ラップの理由

橋本容疑者ら2人は、やけどを負った長女を残してパチンコに行っていたという。

長女については、「シャワーを浴びた際に熱湯をかけてしまった」と容疑を認めています。

警察の取り調べで、橋本容疑者は、「やけどをしたのは今月1日か2日」と供述しているという。

長女は、少なくとも2日以上放置されていて、入院3か月以上という重傷でしたが、ラップを巻いた理由については・・・ 「インターネットでやけどの治療法を調べて、娘にラップを巻いた」と話しているという。

呆れた行動に、一寸も理解するところはありません。

スポンサーリンク


長女の状態は?

5歳の長男が助けを求めた際、

『妹は皮がむけている』

と近所の人に話したという。

連絡を受けた警察官がラップを巻かれ、意識がもうろうとして横たわる長女を見つけ、消防団員が長女を助け出す際には、もう意識がない状態だったようで、入院3か月以上という重傷です。

警察は、虐待を疑われないよう医療機関に連れていかなかった可能性もあるとみて調べています。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする