尾松大義(おまつひろよし)顔画像、大阪市立此花中学校の生徒指導担当教諭が生徒に暴力で逮捕。呆れた理由と過去に体罰で懲戒、関西外大出身などの情報まとめ

どんな理由であれ、教師は生徒に暴力を振るってはいけない。手を出した時点で、教師は犯罪者になってしまいます。

大阪市立の中学校で、授業中の態度が悪いなどと1年の男子生徒の首を絞めつけるなどしたとして中学校教諭の33歳の男が逮捕されました。

尾松大義容疑者の逮捕容疑は?

傷害の疑いで逮捕されたのは、大阪市立此花中学校の教諭・尾松大義容疑者(33)です。

尾松容疑者は3月8日午前11時半ごろ、授業中に居眠りをするなど態度が悪いとして、担任するクラスの1年の男子生徒の右ほほを平手打ちしたほか、手で首を締めつけ数回投げ飛ばすなどした疑いがもたれています。

男子生徒は首に全治約11日のけがを負いました。

スポンサーリンク


尾松容疑者、暴行の理由は?

「暴力をふるったことは間違いないが、首を絞めつけたりはしていない」

尾松容疑者は警察の調べに対し、容疑を一部否認しているという。

また学校の聞き取りに対し
「風紀を乱れさせたくなかった。

何度も注意していたが直らなかった」

と話しているということです。

尾松容疑者は生徒の担任で、授業中に居眠りしたとして、生徒を休み時間に呼び出し、暴行を加えたという。

スポンサーリンク


尾松容疑者、過去に体罰で懲戒も

尾松容疑者は生活指導を担当していました。平成21年の採用以降、生徒への体罰で懲戒処分を2度受けているという。

市教委は「事実確認の上、厳正に対処します」とコメントしています。

熱血教師なのかもしれませんが、今回で3回目の体罰による懲戒処分となりそうですから、明らかに教師には向いていないでしょう。これでもなお、教師であり続けられるとしたら、もっと大きな被害が生徒に起きそうです。

スポンサーリンク


尾松容疑者のプロフィール

●名前/尾松大義(おまつひろよし)
●年齢/33歳
●職業/中学校教諭
●勤務先/大阪市立此花中学校
●容疑/傷害

尾松容疑者の顔画像は、テレビニュースで既に公開されています。

尾松容疑者は地元の府立高校から関西外大を経て、2009年4月に採用。初任地は大阪市立三国中学で、12年に此花中学へ赴任しました。

パッと見は爽やかで、外国人の友人も多いイケメン教諭ですが、三国中学時代の11年、そして此花中学に移ってからの13年にも生徒に体罰をしたとして、減給の懲戒処分を受けていました。尾松容疑者は生徒指導を担当していたようですが、過去に体罰で処分を受けている教師に、担当させた校長の責任もあると思います。

尾松容疑者に暴行を加えられた生徒が、トラウマになって学校に通えなくなるなど、本来の学校生活が送れなくなったとしたら、その責任は誰が負うんでしょうか。教師の資質が求められる時代になっています。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする