中学2年男子、愛媛県西条市立北中学校で同級生の後頭部にナイフを突き刺す。動機や容態などの情報まとめ

驚きのニュースが飛び込んできました。
3月20日午前、愛媛県西条市の公立中学校で2年生の14歳の男子生徒が同級生の頭をナイフで刺したとして、殺人未遂の疑いで逮捕されました。
現場となった中学校名や動機、被害者の容態などの情報をまとめました。

スポンサーリンク


14歳男子生徒がナイフで刺す

事件は3月20日午前8時半ごろ、愛媛県西条市の西条市立北中学校で起きました。

2年生の14歳の男子生徒が同級生で同じ14歳の男子生徒の頭を後ろからナイフで刺しました。

刺した生徒は通報を受けて駆けつけた警察官に殺人未遂の疑いでその場で逮捕されました。

使われたのは刃渡り9センチほどの果物ナイフで、刺された同級生は全治およそ3週間の頭の骨を折るけがを負ったという。

スポンサーリンク


中2男子の犯行動機は?

「殺すつもりで刺した」

同級生の頭ををナイフで刺した男子生徒は、警察の調べに対し、容疑を認めているという。

事件当時は体育館に1、2年生が集まり、25日の終業式を前に春休みの説明会が始まったばかりでした。全員が起立後に一礼し、床に座った直後、逮捕された生徒がポケットからナイフを出し、近くに座っていた被害生徒に後ろから近づき、いきなり後頭部を刺したとみられています。

スポンサーリンク


2人の関係や男子生徒の性格は?

他の生徒によると、2人は別のクラスでしたが、2年生になった当初は仲が良かったようです。

しかし2学期以降は関係が悪化、今月に入り、被害にあった生徒が「友達やめよう」と逮捕された生徒に告げたということで、このことが犯行の引き金になったのかもしれません。

また、同級生の話では、逮捕された生徒は、カッとしやすい性格だったようです。

スポンサーリンク


被害生徒の容態は安定?

被害生徒は頭蓋骨(ずがいこつ)骨折で全治3週間のけがを負っています。

体育館の集会に出ていた複数の同級生によると、逮捕された生徒は2列ほど離れた被害生徒に近づき、突然ナイフで頭を刺したようです。

教諭らが「やめなさい」と駆け寄り、逮捕された生徒は体育館内の別室に連れて行かれ、床には血痕が残っていたという。

被害生徒は刺された直後に素手で反撃しましたが、目立った流血はなく、地元消防によると、学校保健室で搬送を待っていたという。

被害生徒は出血を防ぐため、数センチ刺さったナイフを抜かずに新居浜市内の病院に運ばれました。手当てを受けた後、保護者と話ができているという。

命に別状がないようで、本当に良かったですね。
とは言え、14歳を超えているので、刑事罰の対象にもなり得ます。加害者の男子生徒がどのようになるのかですね。

スポンサーリンク


今後の動きは?

警察はトラブルの内容や刃物を持ち込んだ経緯など詳しく調べています。

全校集会の最中に生徒がナイフで同級生に刺されるというショッキングな事件が起き、学校は事件後、全生徒を下校させる対応をしました。

今回の異例の事態にショックを受けた生徒もいるとみられ、スクールカウンセラーなどを早急に派遣することにしています。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする