吉田拓郎 ガン、のどの声帯に異物で治療を告白。ラジオ番組で涙声で妻 森下愛子に感謝。病名やライブなどの情報まとめ

歌手、吉田拓郎さん(72)が、3月24日放送のニッポン放送「吉田拓郎 ライブでナイト」で、2014年にのどにがんを患い、放射線治療を受けていたことを初告白し、衝撃を与えています。

拓郎さんの病名やライブなどの情報をまとめてみました。

吉田拓郎、のどのガンとは?

吉田拓郎さんは、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組で、2014年に、のどにがんが見つかり、闘病生活を送っていたことを明かしました。

正式名は明かしていませんが、声帯にできた異物からがんが発見されたことなどから、喉頭がんとみられています、
拓郎さんは、ラジオ番組の後半に、

「僕がメディア、マスコミとかにずっと話さなかったことをですね、ラジオでお話ししておきます」

「初めてお話ししますが…」

と切り出し、自身の闘病に治療ついてリスナーに話しました。

「2014年に、のどの声帯に白板症という異物が発見されたんです。全身麻酔で手術をしたんですが、異物を取って調べたところ、がんがまた発見されたという」

拓郎さんは2003年に肺がんを患い、肺の3分の1を切除する摘出手術を受けたことは明かしていましたが、のどのがんについて話すのは初めてで、2007年から原因不明の体調不良に襲われたことを紹介、検査後は2カ月間、毎日通院して10分間の放射線治療を受けたという。

「(治療後は)食べ物はのどを通らない。声は出ない。のどは常に痛い。約半年間、苦痛の日々が続きました」

スポンサーリンク


妻 森下愛子に感謝

闘病生活は妻で女優、森下愛子(60)に支えられ、16年にはステージ復帰しました。

「もう歌えないと何度も思いましたが、カミさんが『必ず完治するから』と励ましてくれた。痛みで食べ物がのどを通らないので、毎日おかゆを作ってくれて」

拓郎さんは、涙声で妻に感謝しました。

「これができると声の質が変わってしまう」

「多分、ぼくはその時、もう歌えない、というふうに何度も思いました。うちのやつが、かみさんがですね、もくもくと日常生活を送りながら静かにぼくを支えてくれて、『必ず完治するから。1日、1日だから』と、ぼくを励ましてくれました」

拓郎さんの感謝には、リスナーも涙が出てしまいますね。

スポンサーリンク


7月、神田共立講堂でライブ

番組で拓郎さんは、リスナーに健康の大切さを語りかけました。

「苦しい体験をしましたが、その都度思ったことは人間は心と体が健康なじゃないと、なんにも幸せな気分とか、力が沸いてこない。健康とか、というようなことはむしろ若い頃はどうでもよかったんだけど、それはとてもとんでもないことで、体が健康でないといけない、そして、愛のある日常でなければ、人生が非常に味気ない、これはとても大事なことだということを痛感しました」

「心でずっと思っていることは、皆さんの健康とか、そういうものを心から願っています。そして、愛情があふれた日常生活を皆さんに永遠に送っていただきたい。そうふうに祈っております」

7月10日開催のニッポン放送開局65周年記念の番組イベント「吉田拓郎 ライブでナイト2019 in 神田共立講堂」を明るく元気な口調でPRした拓郎さん。

40年ぶりに東京・神田共立講堂で行うライブが今から楽しみです。5月からはライブツアーがスタートしますので、拓郎節を味わいに会場に行きたいですね、

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする