神奈川大学付属高校、オーストラリア海外交流 フレーザー島マッケンジー湖で1年男子生徒2人が遺体で発見。死因や現場、事故原因などの情報まとめ

悲しい事故のニュースです。
オーストラリア東部にある島の湖で30日、海外交流プログラム参加中の日本の男子高校生2人が、おぼれて死亡しているのが見つかりました。死因や事故原因、現場についての情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


神奈川大学付高、男子生徒が溺死

死亡したのは、神奈川県横浜市の神奈川大学付属高校に通う高校1年の男子生徒2人(16)です。

3月29日夕方、フレーザー島でツアーのグループから2人の行方がわからなくなったと通報があり、30日朝、捜索にあたっていた警察が、最後に目撃されていたマッケンジー湖で2人の遺体を発見したという。

2人は溺死で、現時点で事件性はないとみられていますが、現地警察は、くわしい状況を調べています。

遺体で発見された2人の生徒のご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク


学校が会見、事故原因は?

「おわびを申し上げます」

神奈川大学付属高校は、3月30日午後に会見し、菊池久校長は謝罪し、亡くなった生徒2人の家族が副校長らとともに、現地に向かったと説明をしました。

「女子生徒たちが記念撮影している間に男子生徒たちがビーチの中に入っていった」

会見では、事故原因として、記念撮影の際にビーチの中に入ったことを挙げているようです。

「非常に残念だ。できる限りの力で関係者を支援し、事故の状況について徹底的に調査する」

現地警察が話していますので、事故原因が今後明らかになるでしょう。

スポンサーリンク


海外交流プログラムとは?

遺体で発見された2人は、高校の教員が引率する海外交流プログラムに参加していて、31日に帰国の予定でした。

プログラムは環境保護や観光に関する学習が目的として、3月24~31日の予定で実施され、1~2年の男女15人が参加していました。

参加者は3月29日、研修の一環で同州フレーザー島のマッケンジー湖を訪問。午後2時50分ごろ、湖の駐車場に到着してすぐ、男子生徒2人の行方がわからなくなったという。

スポンサーリンク


フレーザー島マッケンジー湖とは?

現場となった島は、オーストラリア東部クイーンズランド州にある世界最大の砂の島として知られる「フレーザー」島で、世界遺産に登録され、熱帯雨林や淡水湖でのアクティビティが人気です。

フレーザー島にはいくつもの湖があります。中でもマッケンジー湖は透明度が高いことで有名です。この湖の美しさは、世界遺産に相応しく誰もが絶句するほど。約80ヘクタールの大きさを誇る真っ青な湖と、フレーザー島特有の「シリカ・サンド」という真っ白な砂浜のコラボは感動的です。

マッケンジー湖の水質は、正真正銘のクリスタルクリアウォーター(透明度の高い淡水)ですよ。この透明度は湖に生物が棲んでいないからこそ美しいと言われています。天然のミネラルをいっぱい含んだ美しい湖を泳ぐと、さらにフレーザー島が世界遺産に登録された理由がわかってくるでしょう。

引用 https://skyticket.jp/guide/110124/amp

スポンサーリンク


神奈川大学付属高校とは?

神奈川大学付属高校は、神奈川県横浜市緑区にある私立の併設型中高一貫の進学校です。生徒募集は中学のみで、高校での生徒募集はありません。通称は、「神大付属」。神奈川大学付属でありながら、神奈川大学への進学者は多くなく、神奈川大学への進学者は10人程度に対し、国公立大へ40名程度、早慶上理へも40人程度の進学者がいます。情報教育に力を入れており、中3から高2までの3年間に亘り取り組む「ウェブサイトづくり」は大学レベルと言えるほどの内容です。その結果、全日本中学高校Webページコンテスト「Think Quest」において数多くの入賞実績があります。 部活動においては、珍しい「水球部」や「なぎなた部」があり、各大会で好成績を残しています。
引用 https://www.minkou.jp/hischool/school/1334/

中高一貫校で、高校からの入学はありませんので、今回の海外交流プログラムに参加していたみんな、仲は良かったんでしょうね。仲間が亡くなり、哀しみに暮れているかと思います。仲間の分まで強く生きて欲しいですね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする