永江一石、ITコンサルタントが集団リンチで匿名ニュースサイトnetgeekに損害賠償の集団訴訟。内容や請求額などの情報まとめ

ネットが及ぼす被害に立ち上がった人が現れました。匿名ニュースサイト「netgeek」に名誉を毀損されたとして、ITコンサルタント、大学教授ら5人が4月8日、東京地方裁判所に対し集団で訴訟を提起しました。

スポンサーリンク


永江一石らの集団訴訟とは?

「netgeekは集団リンチを見せてお金を稼いでいる。許しておけず、戦う決意をした」

永江氏は、今回集団訴訟に踏み切った気持ちを話しています。

訴状などによると、原告は永江一石さん、武蔵大学社会学部の千田有紀教授、コンサルタント、スーパーマーケットで働く非正規社員、会社員の5人です。

永江氏らは、2015年7月から2018年10月までの間に「netgeek」に掲載された記事によって、社会的評価が低下し、名誉を傷つけられたと主張し、運営会社「innovator’s base」とその代表である
大内彰訓氏、そしてGMOインターネットの3者に対し、計1650万円(1人あたり330万円)の損害賠償を求めています。

スポンサーリンク


永江氏の被害内容とは?

代表の大内氏らがnetgeekに書いた記事の中には

○「常識では考えられないような奇行」

○「頭のおかしい投稿」

○「口八丁のインチキコンサルタント」

○「モンスタークレーマー」

○「安倍憎しの左翼活動家」

といった表現もあり、中には事実にまったく基づかない虚偽の内容のものまでも。

記事を真に受けたと思われる人が永江氏の自宅や勤め先まで押し掛けてくるといった被害もあったという。

スポンサーリンク


千田有紀教授の被害は?

千田教授は、NHKのノーベル賞解説サイトで「キズナアイ」が使用されたことについて、ツイッターで言及したところ、「netgeek」で重要な部分を黒塗り加工されたツイッターのスクリーンショットを挙げられたり、

○「モンスタークレーマー」

○「女性差別だとケチを付ける」

などと記載されたりしたという。

千田教授は、彼らの行為を一種の

「劇場型のフェイク(ニュース)」

であると指摘します。

「誰かが炎上することや、平和に暮らしている人が、ある日突然不幸に落ちることが娯楽になってしまっている。彼らは広告収入を得るために誹謗中傷を行っており、お金のために誰かを傷つけるのは許されないこと」

そう、コメントし、今回集団訴訟に加わった経緯について、話しています。

「私は自分で発信も反論もできるが、記事で取り上げられている方々は一般の人も多い。これはネットリンチ。フェイクニュースサイトの現状を許してはならないという思いがあった」

スポンサーリンク


netgeekの問題点は?

「netgeek」は2013年に開設されたニュースサイトで、月間200万ほどのアクセスがあるようです。

弁護団は、「netgeek」の一番の問題点として、運営元や執筆者の情報を一切公開していないことを指摘しています。

netgeekは、以前から運営者やライターの情報を一切明かしておらず、「だからこそこれだけひどい投稿ができる」と弁護団は指摘して、彼らの「単なる一般人をいじめ同然に炎上させ、自分たちは反撃を受けない」という行為について、ネットの匿名性が“究極の姿”として表出してしまっているとし、継続して追求していく必要があると語っています。

netgeekを巡っては以前から、間違った情報を拡散しても訂正しない、著作者が無断転載を指摘しても削除に応じないといった被害報告が多くあがっていましたが、運営者が不明であったため、悪質行為が行われてもほとんどペナルティーがないというのが実情でした。

今回の集団訴訟が、ネットでの謂れのない誹謗中傷のストップに多少でも影響を与えることができるといいのですが。裁判の行方に注目です。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする