小林宏至(こばやし ひろし)、博報堂関連会社元社員が現金着服で逮捕。顔画像やfacebookを調査。

いずれバレるのがわかりそうですけど、、、
大手広告会社、博報堂の関連会社の
元社員が現金1900万円相当を着服したとして、
警視庁に逮捕されました。

スポンサーリンク


小林宏至容疑者の犯行手口を調査

業務上横領の疑いで逮捕されたのは、博報堂DYミュージック&ピクチャーズの元社員・小林宏至容疑者(37)です。
小林容疑者は、社員だった2013年1月から1年間にわたり、映画などを収録する新品の放送用テープおよそ7700本現金1900万円相当を着服した疑いが持たれています。

小林容疑者は当時、テープの保管を担当していて、着服したテープを都内の買い取り業者に転売し、高級ブランド服の購入などに充てていたという

出展:TBS NEWS

小林容疑者は、取り調べに対し、
容疑を認めているということです。

小林容疑者の顔はニュースなどでもまだ公開されていません。
facebookなども調査していますが、特定には至っていません。

スポンサーリンク


小林容疑者は余罪もあり、1億円超えか?

今回の逮捕は、2013年1年間に着服した
1,900万円相当のうたがいですが、警視庁では、
2011年11月から2017年3月にかけ、
約1億1,400万円相当分の放送用テープを
転売したとみて、詳しく調べているようです。

7,800本で1,900万円ということは、
単純計算で、1本約2,500円となります。
1億1,400万円ってことは、、、
45,600本を転売していたってことになります。

市販されているHDCAMだと、30分アニメを
収録するためのテープで、約3,000円、
2時間映画を収録するためのテープだと
約10,000円くらいするので、博報堂グループの
ように大手は大量に仕入れるから格安で仕入れを
できているんでしょうね。

市場価格に比べ、かなり安いので転売すれば、
そこそこの利益を上げることができたかもしれませんね。

1本3,000円で転売できたとしたら、
@3,000円×45,600本で、
なんと、、、、、、、、、
1億3,680万円

そもそも小林容疑者にとっては仕入れはゼロなので、
丸儲けですが。
この手口に気づかなかった会社にもチェック体制に
課題ありですね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする