鈴木稔 顔画像、ストーカーで逮捕。ヒドい動機や手口などの情報まとめ

元交際相手にストーカーをしたとして、40歳の男が逮捕されました。ストーカーに及んだ動機と手口などの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


鈴木稔容疑者の逮捕容疑は?

元交際相手の女性(25)にストーカー行為をした疑いで、群馬県太田市の無職・鈴木稔容疑者(40)が逮捕されました。

鈴木容疑者の逮捕容疑は、4月9日から15日にかけて計21回、元交際相手で埼玉県北部に住む20代女性に「会って話がしたい」などと面会を迫る内容のショートメールを連続して送信したという。

スポンサーリンク


鈴木容疑者、ストーカーから誘拐?

鈴木容疑者は、4月9日に交際相手の女性から別れ話を切り出され、納得がいかず、女性の自宅に押し掛けたため、相談を受けた警察が口頭で警告していました。

にもかかわらず、鈴木容疑者はその後、21回にわたってメールを送り続けたため、女性は4月16日午後5時40分ごろ、被害届を提出するため警察に向かっていたところ、その途中で「ストーカーに追い掛けられている」と被害女性が110番通報をした後、行方がわからなくなり、埼玉県小川町で、窓ガラスが割れた女性の車が発見され、車内には携帯電話があったという。

翌17日に千葉県神崎町で鈴木容疑者の車が見つかり、19日午前9時過ぎ、鈴木容疑者は女性とともに車を取りに戻ったところを確保されました。

女性にけがはなかったものの、何があったのか詳しいことはわかっていないようで、警察は略取や誘拐の疑いも視野に捜査を進めています。

スポンサーリンク


鈴木容疑者、犯行動機は?

「別れることに納得がいかなかった」

鈴木容疑者は、容疑を認めているという。
2人がどれくらいの期間、交際していたのかは分かりませんが、別れ話からストーカーに及ぶ典型的な事件なのかもしれません。

また、鈴木容疑者は、警察から警告を受けた際に
「プレゼント代を清算してほしい」
と話していたようで、なんだかみみっちいですね。

女性にケガなどの被害がなくてよかったですが、今後のことを考えると、ずっと怖い思いをして行きていくことになるのでしょうか。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする