あおり運転、名古屋高速で危険走行の一部始終を映像公開。手口や原因、警察批判などの情報まとめ

10連休で車で遠出をする人も多い中、あわや死亡事故になりかねないようなあおり運転の映像が公開されました。

ドライブレコーダーに残された映像の一部始終から手口と原因などの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


あおり運転の一部始終を解説

左側の車線を猛スピードで走ってきた黒い車が、突然、車線変更してきました。おもわずクラクションを鳴らすドライバーの男性、次の瞬間、なんと車の窓からペットボトルを投げつけてきたのです。さらに黒い車は、左側に急な車線変更。後ろの車もブレーキをかけているのが分かります。
左車線に戻った黒い車を追い抜こうとした、その時、今度は幅寄せからの急ブレーキ。黒い車には男性2人が乗っており、何かを叫んでいるようにみえます。

ドライバーの男性によると、この時は、高速道路上にもかかわらず、車が止まるぐらいのスピードだったことから、後ろから追突されないか心配だったといいます。その後、男性は車線変更をして、黒い車から離れることができました。

引用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190502-00010005-sp_ctv-soci

スポンサーリンク


クラクションが原因か?

このようなトラブルになった原因を探るため、トラブルが発生する約2分前に遡ってみると原因が分かりました。

ドライバーの男性によると、しばらく右側の車線を走っていたところに、後ろから来た黒い車が男性の車を追い抜こうと、左車線から割りこんできたため、男性がとっさにクラクションを鳴らしたという。

このクラクションが、相手を刺激したのではないかとしています。

映像からは、あの割り込みであれば、クラクション鳴らされても仕方ないと思いますが。

スポンサーリンク


警察の対応は?

あおり運転を受けた男性は、その後警察に相談したようです。

その際、追い越したら左車線に戻ることクラクションは相手が挑発と捉えることもあるので、今回のようなケースでは鳴らさないようにするなどの指導を受けたという。

交通ルール的には、高速道路の右車線は追い越しのための車線なので、警察の言うことは間違いではありませんが、まるであおられた側に非があるよう。

「はい、気をつけます。」

とは言えないでしょう。

ちなみに、ニュースでは警察があおり運転をした黒い車の運転手を特定し、厳重注意したとも伝えていますが、違反かどうかについては報じられていません。

悲惨な事故のキッカケはどこにあるかは分かりません。寄せつけないための対策も大切ですね。

スポンサーリンク


みんなの反応は?

あおり運転の男たちは、警察から厳重注意を受けただけなのでしょうか。ニュース報道など調べていますが、明らかにはなっていません。世間の皆さんは厳しい反応をしていますので、まとめてみます。

・逮捕される人と厳重注意ですむひとの基準が知りたい。何であの運転で逮捕されないのか不思議。

・厳重注意で終わり?ペットボトル投げつけているんですよ・・・危険運転でキップ切ってもらわないとこまります!!
警察にするべきです。

・厳重注意で済ませる事がおかしい。動画を見たがこのような人間は日常生活でもこのような暴挙を間違いなく行っているであろう。検挙し排除するいいチャンスだったのに。

・朝のワイドショーでも放送されたが、明らかに警察の処置が異常。交通処理は両者へ処分するという警察官の悪癖が出た職務怠慢では無いか。被害者に指導するなど、今後届けない様に誘導して、警察官の仕事を増やさないための処理としか思えない。また、加害者は厳重注意で済むなら、反省はしない。あれでも厳重注意なら煽り運転を助長すると思う。

引用 https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190502-00010005-sp_ctv-soci&s=lost_points&o=desc&t=t&p=2

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする