工藤達也 facebook顔画像、宇都宮市でパトカー追跡の飲酒運転の車と衝突し犠牲に。事故の原因や現場、家族などの情報まとめ

パトカーに追跡された車が対向車と衝突する交通死亡事故が発生しました。

5月6日未明、宇都宮市でパトカーの追跡を受けた乗用車が軽乗用車と衝突し、軽乗用車を運転していた男性が死亡しました。事故原因や被害などの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


工藤達也、死亡事故とは?

5月6日午前3時20分ごろ、宇都宮市西原町の国道4号で乗用車が対向車線にはみ出し、前から来た軽乗用車と正面衝突しました。

この事故で軽乗用車を運転していた会社員の工藤達也さん(46)が病院に搬送されましたが、胸を強く打っておよそ1時間半後に死亡しました。

また、乗用車を運転していた22歳の男性は太ももの骨などを折る重傷、助手席の21歳の男性が腹を強く打って膵臓損傷で意識不明の重体です。

工藤さんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク


飲酒でパトカー追跡後事故か?

事故を起こした乗用車を運転していた22歳男性は、警察官が職務質問しようと巡回中のパトカーが停止を求めるため赤色灯をつけたところ逃走し、対向車線にはみ出したとみられています。

運転していた男性の呼気からはアルコール分が検知され、信号無視もしていることから、警察は道路交通法違反容疑で捜査しています。

「パトカーの追跡に問題はなかったと考えている」

警察によると、乗用車は事故の直前に不審な車として約1.7キロ離れたコンビニ店からパトカーの追跡を受けていましたが、警察は事故現場の300メートル手前で追跡を中止したと説明しています。

スポンサーリンク


工藤達也のプロフィール

●名前/工藤達也
●年齢/46歳
●住所/宇都宮市
●職業/会社員

亡くなった工藤さんの顔画像は、現段階でテレビニュースなどでは公開されていません。facebookなどの情報を調べていますが、本人のアカウントの特定には至っていません。また、年齢から考えると家族がいても不思議ではありませんが、情報には至っていません。

なお、工藤さんは出勤途中に事故に遭ったことがニュースで明らかになっています。

「動いてなかった。警察官がしっかりしろと声を掛けていたのが聞こえた」

事故直後の工藤さんの様子がニュースで伝えられていました。

事故の詳細はこれから明らかになると思われますが、飲酒運転の車による突然のもらい事故で命を奪われた工藤さんのご冥福を改めてお祈りいたします。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする