新立(しんたて)文子 下山真子 顔画像、レイモンド淡海(おうみ)保育園うさぎ組園児の伊藤雅宮(がく) 原田優衣らをはね死傷。事故原因や様子などの情報まとめ

事故を伝えるテレビニュースを見ているのも辛い、そんな交通死亡事故がおきました。

滋賀県大津市大萱(おおがや)6丁目の交差点で車2台の衝突事故があり、2~3歳の保育園児13人と引率の保育士3人らの列に突っ込み、死傷者が出ました。事故の原因や様子などの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


レイモンド淡海保育園巻き添え

5月8日午前10時15分ごろ、大津市大萱6丁目の丁字路の県道交差点で車2台がぶつかり、うち1台がはずみで保育園児の列に突っ込みました。

この事故で、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、2台を運転していたともに大津市の無職、新立文子容疑者(52)と下山真子容疑者(62)を現行犯逮捕しました。

この事故で亡くなったのは、伊藤雅宮(がく)ちゃん(2)と原田優衣(ゆい)ちゃん(2)です。雅宮ちゃんは頭や腹を強く打ち、優衣ちゃんは心破裂の状態だったようです。

また、男児(2)が意識不明の重体となり、ほかに2~3歳の園児10人が重軽傷、引率していた保育士3人も軽傷を負う惨事となりました。

スポンサーリンク


車2台衝突、事故原因は?

警察によると、直進してきた下山容疑者の軽乗用車が、右折しようとした新立容疑者の乗用車と接触し、その後下山容疑者の軽乗用車が、散歩中に信号待ちをしていた園児らがいる歩道へ突っ込んだとの目撃証言があるという。

「前をよく見ていなかった」(新立容疑者)

「右折車をよけようとハンドルを左に切った」(下山容疑者)

両容疑者は、警察の取り調べで、そう話しているようです。2人は調べに応じているものの、時折黙り込んで涙を流すほか、取り乱す様子もあるという。なお、ニュースによると下山容疑者は釈放されたようです。

2人はそれぞれ別の大型量販店から帰宅する途中で、2人にけがはなく、同乗者もいませんでした。前方不注意という一瞬の気の緩みが生んだ大事故となりました。

スポンサーリンク


新立容疑者のプロフィール

●名前/新立(しんたて)文子
●年齢/52歳
●住所/滋賀県大津市一里山3丁目
●職業/無職
●容疑/自動車運転処罰法違反(過失傷害)

新立容疑者の顔画像は、現段階でテレビニュースなどでは公開されていません。facebookなどの情報を調べていますが、本人のアカウントの特定には至っていません。

「愛想がいい穏やかな人。運転でのトラブルなどは聞いたことがなく、驚いた」

新立容疑者の近所の人はテレビニュースのインタビューで話しています。

スポンサーリンク


下山容疑者のプロフィール

●名前/下山真子
●年齢/62歳
●住所/滋賀県大津市若葉台
●職業/無職
●容疑/自動車運転処罰法違反(過失傷害)

下山容疑者の顔画像は、現段階でテレビニュースなどでは公開されていません。facebookなどの情報を調べていますが、本人のアカウントの特定には至っていません。

「車を家から出すときもスピードは出さず、しっかりと左右を確認していた」

「丁寧に運転している印象的だったので驚いている」

下山容疑者の近所の人たちは、下山容疑者が周囲に注意を払いながら低速で車を運転する様子を見かけていたと話していました。

スポンサーリンク


保育園園長が会見

「とても素直で、笑顔を絶やさない子でした。すみません、何も言えないです、ごめんなさい」

2人の尊い命が奪われた事故に、レイモンド淡海保育園の若松ひろみ園長が会見を開き、涙を流しました。

散歩はどのクラスでも日常的に行われており、2人が欠席した同組はこの日午前9時45分から園内の花に水をやったりした後に同10時過ぎに出発。

「いつもと変わらずに出て行きました」

若松園長は、会見の机に突っ伏して泣き崩れました。

事故現場は交通量は多いものの、安全面には考慮していたとした上で「道路を歩くときは点字ブロックの車道側じゃない方を歩くようにしていた。待っている時も必ず内側で待つように、そういう意識は持っていました」と説明した。

同園ではこの日夜に保護者説明会を開き、5月9日は原則として休園するという。散歩についても当面の間は自粛する方針を明かしています。

伊藤雅宮ちゃんと原田優衣ちゃんのご冥福をお祈りするとともに、ケガをされた園児や保育士の皆さんの回復を心からお祈りいたします。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする