西田哲也(にしだてつや)顔画像、経済産業省キャリア官僚が覚醒剤を密売、使用して逮捕。手口や職場での使用、経歴、出身校などの情報まとめ

覚醒剤密売の驚きのニュースが飛び込んできました。経済産業省の課長補佐の男が覚醒剤が入っていた荷物を受け取ったとして逮捕された事件で、男が職場で覚醒剤を使っていた可能性があることが分かりました。密売の手口や職場での使用、経歴などの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


西田哲也容疑者の逮捕容疑は?

アメリカからの覚醒剤入りの国際郵便を受け取ったとして、経済産業省のキャリア官僚で自動車課課長補佐、西田哲也容疑者(28)が麻薬特例法違反容疑で逮捕されました。

アメリカから航空便で成田空港に到着した雑誌を税関職員が検査し、ページの間から覚醒剤約22.1グラム(130万円相当)が入ったビニール袋が発見され、通報を受けた警察が「泳がせ捜査」を実行し郵便物の中身を入れ替えて届けさせたところ、西田容疑者が受け取り、現行犯逮捕となったようです。

現役のキャリア官僚が、覚醒剤を密売していたとは、驚きです。

スポンサーリンク


西田容疑者、仮想通貨で購入か?

西田容疑者は、アメリカから国際郵便で覚醒剤を密輸しようとして現行犯逮捕されました。

西田容疑者は、匿名性が高い仮想通貨を利用して海外のサイトで購入していたとみられています。

仮想通貨を使って購入するあたりはかなり慣れた気がします。それにしても、仮想通貨で覚醒剤まで購入できるということにも驚かされます。

スポンサーリンク


西田容疑者、省内でも使用か?

「覚醒剤が入っているのは知らなかった」

西田容疑者は、当初容疑を否認していましたが、警視庁組織犯罪対策5課が5月5日、東京・霞が関の経産省自動車課を家宅捜索した際、省内にある西田容疑者の机の中から複数の注射器を押収したところ、

仕事のストレスから医師に処方された向精神薬を服用していた。より強い効果を求めて覚醒剤に手を出した」

「自分が使うためだった。仕事のストレスから覚せい剤に手を出した」

と使用を認める趣旨の供述をしているという。
西田容疑者が省内で覚醒剤を使った可能性もあるとみて調べています。

スポンサーリンク


西田容疑者のプロフィール

●名前/西田哲也(にしだてつや)
●年齢/28歳
●住所/東京都足立区綾瀬
●職業/経済産業省キャリア官僚
●所属/自動車課
●役職/課長補佐

西田容疑者の顔画像は、すでにテレビニュースなどでも公開されています。画面に映る西田容疑者の雰囲気からは、いかにも覚醒剤に手を出していたとは思えませんが、キャリア官僚までもが覚醒剤に手を出してしまっている状況が恐ろしく感じます。

西田容疑者は、28歳にして課長補佐のポジションにいることからもかなり優秀だと思われます。学歴を調べてみると納得でした。

卒業大学は、東京大学工学部システム創成学科

ストレートで入学し、キャリア官僚となったようです。それにしても、側から見たら羨ましくもある立場にありながら、ストレスから覚醒剤に手を出して人生を棒に振ってしまうとは、、、

まだ、若いし、優秀なのでやり直して欲しいですね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする