泉水卓(せんすいたかし)顔画像、千葉県市原市の砂場で遊ぶ保育園児にプリウスで突っ込む。かばおうとした女性保育士が重傷。事故原因や直後の様子、保育士の名前など情報まとめ

高齢者ドライバーが公園の砂場で遊んでいた保育園児に突っ込む事故が起きました。

園児5人にけがはなく無事でしたが、その裏には園児をかばおうとして大ケガをした30代女性保育士の存在がありました。

事故の原因や直後の様子などの情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


泉水卓容疑者、園児に突っ込む

自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで現行犯逮捕されたのは、市原市の自称無職、泉水卓容疑者(65)です。

泉水容疑者は、5月15日午前10時25分ごろ、千葉県市原市五井中央西の公園の砂場で遊んでいた保育園児らの近くに乗用車で突っ込み、かばおうとした女性保育士に右足を骨折する重傷を負わせた疑いが持たれています。園児らにけがはないという。

コインパーキングを出ようとした泉水容疑者の車は、道幅6・5 メートル の一方通行道路を挟んで向かい側にあった公園に突入し、フェンスなどをなぎ倒して、園児や保育士がいた砂場に突っ込んだとみられています。

園児がけがもなく助かって良かったですが、保育士さんの足のケガが心配です。一日も早く回復されることを願っています。

スポンサーリンク


泉水容疑者、事故原因は?

「車を運転して、人をけがさせたことは間違いない」

泉水容疑者は、容疑を認めているという。

「アクセルを踏んだ覚えはない。突然、車が急発進した」

容疑を認めている泉水容疑者ですが、事故原因は自分ではなく、クルマにあるかのような供述をしているようです。

コインパーキングから砂場まで、15 メートル 以上の距離があったということから、警察は事故の原因を調べています。

スポンサーリンク


事故現場や直後の様子は?

事故が発生したのは、千葉県市原市五井中央西の梨ノ木公園てす。

テレビニュースからはフェンスで囲われて、安全が確保されている中で、保育園児たちは砂遊びを楽しんでいたはずですが、まさかクルマが突入してくるとは、予想だにしていなかったでしょう。

また、テレビニュースでは、事故発生直後の様子を伝えています。そこには、公園の砂場に突っ込んだシルバーのプリウスがはっきりと映っています。

さらに、園児を守ったとみられる女性保育士らしき人が救急隊から救助されている様子も映っています。

「『バッバーン』という音が聞こえたので表に出たら、公園に車が乗り上げ、保育園の先生が子供たちをかばっていた。園児たちはびっくりした様子だったが、泣いてはいなかった。公園の中で事故が起きるなんてショックだ」

近くに住む主婦(80)は、テレビのインタビューで事故直後の生々しい現場について話していました。

スポンサーリンク


泉水容疑者のプロフィール

●名前/泉水卓(せんすいたかし)
●年齢/65歳
●住所/市原市五井
●職業/自称無職
●容疑/自動車運転処罰法違反(過失傷害)

泉水容疑者の顔画像は、現段階でテレビニュースなどでは公開されていません。facebookなどの情報も調べていますが、本人のアカウントの特定には至っていません。

今回の事故は、泉水容疑者自身も女性保育士に助けられました。彼女が園児を突き飛ばして守っていなかったら、園児の命を奪ったとして、ずーっと十字架を背負って余生を生きることになっていたでしょう。

園児をかばって大ケガをした女性保育士の名前などは、現段階で公表されていません。この保育士に対して、多くの賞賛の声が上がっています。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする